S耐参戦のル・ボーセモータースポーツ、2017年の参戦体制発表

ル・ボーセモータースポーツは、今年もスーパー耐久シリーズ、FIA-F4選手権に参戦し、 2年ぶりにスーパーFJもてぎ選手権にも復帰する。

 Le Beausset Motorsportsは、昨年に引き続きスーパー耐久シリーズ、FIA-F4選手権に出場し、2年ぶりにスーパーFJもてぎ選手権に復帰することを発表した。

 同チームは若手育成とツーリングカーカテゴリーとの連携でドライバーの育成環境を整え、チャンピオン獲得を目指す。

 スーパー耐久シリーズへは、昨年同様に嵯峨宏紀、中山雄一、山下健太の3人を起用し、F4にも並行して参戦する平木湧也が加わる。

 F4には、昨年2勝した平木湧也、参戦初年度に優勝を遂げた川合孝汰、そして平木玲次の3人が参戦する。

 2年ぶりの出場となるスーパーFJもてぎ選手権には、ル・ボーセフォーミュラアカデミーで鍛えられた小倉祥太と上田裕也が出場する。

■チーム監督/坪松唯夫
「今年は、スーパー耐久とFIA-F4、そしてスーパーFJの3カテゴリーでシリーズチャンピオンを目指し戦って いきます。スーパー耐久は3年目となりますが、ドライバーも昨年と同じ強力なラインナップでチームスタッフ 含め全員が一枚岩となり、同じ目標に向かっていける強みがあると考えます。 そのような布陣で、我々が強いクルマをドライバーに提供できれば、充分に力を発揮してもらえると思いますし、 開幕戦から充分な戦闘力を持って戦えると考えています。 FIA-F4も、それぞれ持ち味のある3人と引き続き戦えることは、チームも非常にモチベーションが上がります。 昨年はチームとして3勝でしたが、昨シーズン後半戦からのいい流れでいける様、この3人で上位を独占する 戦いをしていきたいと思います」

「今年はスーパーFJにも参戦しますが、昨年一年間休止したことによってまた新たなモチベーションが生まれ ました。数年前にアカデミーに参加した子がようやく一緒に戦えるようになり、2人ともまだまだ荒削りですが 「誰にも負けない!」という強い意志を持って戦ってもらいたいです。 全てのカテゴリーにおいて、シリーズチャンピオンを狙っていける力がチームにもドライバーにもあると考えて全てにおいてル・ボーセの年にしたいと考えます」

■スーパー耐久シリーズ

チーム監督:坪松唯夫
ドライバー:嵯峨宏紀/中山雄一/山下健太/平木湧也
マシン:LEXUS RC 350
車名:DENSO Le Beausset RC350

嵯峨宏紀
「チャンピオンを目指して初のフル参戦だった昨年はシリーズランキング2位と数字上で悪くない結果 だったものの、実際には1位との差は非常に大きく毎レース歯がゆいレースウィークとなってしまいま した。今年はそんな思いをしないためにも開幕前からしっかりと走り込みをして全体の底上げをしてシリーズに臨むつもりです。『レースは1位でないとダメだ』という意識をチーム全体で共有できるような空気を作っていくのも自分の役目だと思っていますし、またその結果を実際に出すことも自分には求められていることです。いい意味でそのプレッシャーをバネにして開幕から優勝を狙い、今年こそ チャンピオンを獲得するつもりです」

中山雄一
「ST-3クラスへの参戦は今シーズンで3年目となり、チーム、ドライバーを含めマシンへの理解は 着々と深まってきています。特にLEXUS RC350は他のカテゴリーの車に比べて運転の難しい車ですが、昨シーズン一年間でさらにそれをドライブするレベルが上がったのを実感できました。今シーズンはどのサーキットでもLEXUS RC350をドライブするドライバーには絶対に負けない気持ちです。 昨シーズンのランキング2位はとても悔しい結果でした。スーパー耐久で結果を残すことはとても難しいです。チームの全員がノーミスで力を出し切ることが本当に重要です。ドライバーがチーム 全体を引っ張っていけるようなリーダーシップを発揮できるよう頑張ります。今年こそチャンピオンを獲得します」

山下健太
「昨年は惜しくもシリーズ2位でしたので、今年こそチャンピオンの思いでチームに貢献できるよう頑張ります。スーパー耐久3年目の自分としては質にこだわり、予選では今まで以上の一発の速さを、決勝では速さに加え、タイヤ管理と燃費を良くし、メリハリのあるドライビングを目指します。今後につながる テクニックを身につけながら結果を出したいと考えています。またスーパー耐久ならではの開発、セッティングで車を速くしていく能力を更に上げていき、LEXUS RC350のポテンシャルを存分に発揮で きるように成長したいです。応援よろしくお願いします」

平木湧也
「昨年はツーリングカーに乗るチャンスを頂き、フォーミュラとは違う車の重さの中で、ツーリングカー特有のゆっくりとした動きから様々な発見があり、ドライビングの幅を広げることと、LEXUS RC350の開発を 行う上でマシンセットアップの知識も得ることができました。また、昨年に引き続き経験豊富な3人の先輩ドライバーから様々なことを吸収し、レースでは若手らしくアグレッシブにかつ冷静確実に、そしてしっかりと速さをアピールし、ドライバーとしての価値を見せられ るよう全力で取り組んでいきたいと思います。今シーズンも平木湧也の応援よろしくお願いします」

■FIA-F4選手権

ドライバー:川合孝汰/平木玲次/平木湧也
車名:DENSO Le Beausset F4

川合孝汰

「FIA-F4選手権への参戦は、本当に沢山の方々に支えていただき、今シーズンを迎えることができました。このようなチャンスを与えてくださったすべての皆様に心より感謝致します。 昨年はルーキーとしてFIA-F4に参戦、精神的にも肉体的にも、そして技術的にも大きな進化を遂 げることができました。 チームのホームコースである「ツインリンクもてぎ」で、初優勝できたことは大きな成果であり、この勢い のまま今期も猪突猛進、「一発の集中力」を武器に、さらなる飛躍を遂げシリーズチャンピオンを獲得します。 優勝することはもちろん、多くの方に愛され魅せるドライバーを目指し“有言実行”を胸に決して諦めることなくさらなるステップアップを目指して突っ走ります。応援のほどよろしくお願いいたします」

平木玲次
「昨年はシーズンを通してスピードが物足りなく自分自身のミスもあり、辛く悔しいシーズンとなってし まいました。FIA-F4は決勝で下位から追い上げて行くのが難しく、予選の一発のタイムが非常に重要になってきます。昨年は予選で思うようにタイムが出せず、決勝で追い上げが強いられたレースが多くありましたので、今年は予選の一発の速さに磨きをかけ、決勝では強さを発揮し、優勝そして シリーズチャンピオンの獲得を目指し戦って行きたいと思います。 自分の持ち味である粘り強さ・アグレッシブさを活かし、攻めのレースをお見せできるよう努めて行き たいと思います。全14戦全身全霊をかけてレースをするので応援よろしくお願いします」

平木湧也
「昨年は2勝を挙げることは出来ましたが、決して満足のいく結果ではありませんでした。 移籍した昨年は予選で下位に沈んでしまい、追い上げのレースが多かったですが、予選順位が上位のレースでは結果を残すことができているので、3年目のシーズンこそは1発の速さのみを追い求め、しっかりとマシン、ドライビングを見つめ直し煮詰め、シリーズチャンピオンという結果を 出さなくてはならないと思います。 地元チームということもあり、コミュニケーションと濃密な関係を築けましたので、シーズンを通して、 圧倒的な速さ、強さを出し、最後まで諦めずに戦い抜きたいと思います。 今シーズンも平木湧也の応援よろしくお願い致します」

■スーパーFJもてぎ選手権

ドライバー:小倉祥太/上田裕也 
車名:ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC

小倉祥太

「レーシングカートでの活動6年間を経て、昨年はル・ボーセフォーミュラアカデミーでドライビングの基礎 知識を学び、自分にとってとてもプラスになる1年間となりました。そしてフォーミュラレースデビューとなる今シーズンは、レーシングカートやフォーミュラアカデミーで学んだことを最大限に活かし、1レース1レースを全力で戦っていきます。目指すはもちろんシリーズチャンピオンです。自分の持ち味である マシンコントロールと冷静なレース運びを武器にして優勝はもちろんですが、観ている人を魅了し、 応援したくなるようなレースをしていきたいと思います。この与えられたチャンスを無駄にせず、応援してくださる方々に感謝しながら、シーズン中も自分自身を日々進化させていきたいと思います。 応援よろしくお願いします」

上田裕也 

「昨年は全日本カートに参戦しながらル・ボーセフォーミュラアカデミーのFJでドライビングを学んだ一年でした。昨年のカートレースは何度も勝つチャンスがあったのに一度もライバルに勝つことができず、とても悔しく涙した一年でした。 僕はとても負けず嫌いです。絶対に負けたくありません。今年は最大のライバルの小倉選手が チームメイトにいますが絶対に負けたくないです。お互い良いライバル意識を持って高いレベルで 競い合って成長していきたいです。今年のレースでは決して誰にも負けないという強い気持ちを持って練習からアグレッシブに攻めまくって勝ちに行きたいと思います。 シーズンの途中からの参戦になりますが当然チャンピオンを狙いに行きます。 このチャンスを絶対無駄にはしたくありません。最後まで決して諦めず、常に成長しながら戦って いきたいと思います。応援をよろしくお願いします」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパー耐久 , FIA-F4選手権
記事タイプ プレスリリース