【S耐】第3戦鈴鹿:ARN Ferrariが3戦連続でポールポジションを獲得

スーパー耐久シリーズ第3戦「SUZUKA“S耐”サバイバル」の予選が行われ、#8 ARN Ferrari 488 GT3が総合トップタイムを記録した。

 2017年のスーパー耐久シリーズ第3戦「SUZUKA“S耐”サバイバル」の公式予選が10日、鈴鹿サーキットで行われ、ST-Xクラスは#8 ARN Ferrari 488 GT3(永井宏明/佐々木孝太)が3戦連続でポールポジションを獲得した。

 梅雨入りしたものの、真夏日を思わせるような暑さとなった鈴鹿サーキット。朝から各クラスとも0.001秒を争う激しいタイムアタック合戦となった。

 ST-Xクラスは開幕戦、第2戦ともに激しいトップ争いを演じた#1 スリーボンド日産自動車大学校GT-Rと#3 ENDLESS・ADVAN・GT-Rはウェイトハンデも積み重なっており苦戦してしまう。

 その一方で、開幕2戦連続ポールポジションと一発の速さでは他を圧倒している#8 ARN Ferrari 488 GT3は相変わらず好調。Aドライバーの永井が2分02秒056を記録すると、Bドライバーの佐々木は2分00秒764のコースレコードをマーク。合計タイムでは2番手いかに2.2秒もの大差をつけポールポジションを飾った。

 2番手には#99 Y’s distraction GTNET GT-R、3番手には#777 D’station Porscheが入った。

#10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCR
#10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCR

 

 今年から新導入され注目を集めているST-TCRクラスは、今回からフォルクスワーゲンのゴルフGTI TCRが参戦を開始。クラス2番手に食い込む走りを見せた。ポールポジションは#45LIQUI MOLY RS3 LMSで開幕3戦連続での獲得。また#97 Modulo CIVIC TCRは、土屋圭市/幸内秀憲/道上龍とこれまでとは違うドライバー体制でエントリー。予選では土屋と幸内がアタックを担当し、クラス3番手につけた。

 また1台のみエントリーのST-1クラスは#31Nissoku Porschue991GT3 Cup、ST-2クラスは#6新菱オート☆DIXEL EVO X、ST-3クラスは#62 DENSO Le Beausset RC 350、ST-4クラスは#86 TOM'S SPIRIT 86、ST-5クラスは#88村上モータースMAZDAロードスターNDがそれぞれポールポジションを獲得した。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

【鈴鹿10h】1着賞金3000万円。新開催GT世界一決定戦、概要決まる

第2戦優勝の中野信治「開幕戦は泣きそうなくらい悔しかった」

全身全霊を懸けた走り。平峰一貴「僕たちの強さを出し切れた」

近藤真彦監督、開幕戦を制するも「決して楽な戦いではなかった」

”最強自動車決定戦”を目指す『鈴鹿10耐』:モビリティランド社長に訊く

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパー耐久
イベント名 第3戦鈴鹿
サブイベント Saturday Qualify
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース