F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

S耐 第6戦鈴鹿の開催が中止に。近隣府県の緊急事態宣言発令を受け

新型コロナウイルスの感染拡大により、1月23日に開催予定だった2020スーパー耐久第6戦鈴鹿の開催中止が決定した。

S耐 第6戦鈴鹿の開催が中止に。近隣府県の緊急事態宣言発令を受け

 ピレリ スーパー耐久シリーズを運営するSTOおよび鈴鹿サーキットは、1月23日に開催を予定していた2020シリーズ第6戦を中止することを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初の予定より半年遅れでスタートしたスーパー耐久。その影響で、最終戦の鈴鹿は年を跨いだ2021年1月に開催する予定で準備が進められていた。

 しかし、国内での新型コロナウイルス感染者が急激に増え始め、医療体制も逼迫した状態になりつつあることから、1月8日に東京都をはじめとする1都3県に対して緊急事態宣言が発令された。さらに大阪をはじめとした関西の3府県に加えて愛知県、岐阜県にも追加で緊急事態宣言が出される見通しとなった。

 鈴鹿サーキットがある三重県は宣言の対象とはなっていないが、近隣の府県が相次いで緊急事態宣言下に入ることから、来場するファンや関係者の安全等を最優先に考慮し、開催を中止することが決定した。

 なお代替開催については、検討している模様だが詳細は今のところ未定。緊急事態宣言が2月7日まで発令されることが決定しているため、その後の社会情勢を見ての判断となりそうだ。

 またチケットの払い戻しについては、1月18日までに鈴鹿サーキットの公式サイトで詳細が発表されるとのことだ。

Read Also:

シェア
コメント
S耐第5戦オートポリス|777号車D’stationが今季2勝目、ST-X王座決定は最終戦に持ち越し

前の記事

S耐第5戦オートポリス|777号車D’stationが今季2勝目、ST-X王座決定は最終戦に持ち越し

次の記事

STO桑山事務局長、S耐最終戦の開催諦めず「コロナ禍でも皆さんが盛り上げてくれたから」

STO桑山事務局長、S耐最終戦の開催諦めず「コロナ禍でも皆さんが盛り上げてくれたから」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
執筆者 吉田知弘