F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
18 時間
:
34
:
56
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

3号車エンドレスがST-Zクラスにスイッチ、2019年S耐暫定エントリーリスト発表

シェア
コメント
3号車エンドレスがST-Zクラスにスイッチ、2019年S耐暫定エントリーリスト発表
執筆:
2019/02/08 9:21

スーパー耐久が2019年シーズンの年間エントリーリスト(暫定)を発表した。

 3月に開幕を迎えるピレリ スーパー耐久シリーズの年間エントリーリスト(暫定版)がシリーズの公式サイトで発表され、総勢60台が参戦を予定していることがわかった。

 2019年もGT3車両で争われるST-Xクラスをはじめ、合計8クラスが用意されているスーパー耐久。なかでも注目を集めているのが、ここ2年は選手権として成立していなかったST-Zクラスだ。

 2017年にST-TCRクラスとともに新導入されたST-Zクラスは、GT4車両を使用することが主なレギュレーションとなっている。初年度は1台も参戦することがなかったが、昨年になって#51 DIAMANGO Caymanや#550 モノコレ GINETTA KAP CUSPAがスポット参戦するなど、少しずつ動きがみられていた。

 しかし、昨年末からST-Zクラスへ参戦を表明するチームが増え、KTMカーズジャパンが「ケーズフロンティア SYNTIUM KTM」として参戦を発表。さらに昨年までST-Xクラスを戦っていた#3 ENDLESS SPORTSがST-Zクラスへスイッチし、先月開催された東京オートサロンで早速参戦マシンであるメルセデスAMG GT4を展示した。

 この他、暫定エントリーリストではテクノファーストレーシングチーム、バースレーシングプロジェクトもST-Zクラスへの参戦を表明している。

 GT3車両で争われるST-Xクラスは昨年王者のGTNET MOTORSPORTSをはじめ10台がエントリー。先日参戦が発表されたマクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパンはマシンにちなんでゼッケン720番をつけるようだ。また昨年はST-3クラスで参戦していたMP Racingがこちらのクラスにスイッチする模様だ。

 ST-TCRクラスは9台となる予定だが、昨年・一昨年と圧倒的な強さをみせているホンダ シビックTCRを使用するマシンが増えているのが特徴。またST-2クラスにもシビックTYPE-Rの車両が登場するようだ。

2019 スーパー耐久年間エントリーリスト(暫定)

※2019年2月6日時点

(  )=使用マシン、TBN=未定

 

【ST-X】

#1 GTNET MOTOR SPORTS(日産GT-R GT3)

#9 MP Racing(日産GT-R GT3)

#31 apr (ポルシェ991 GT3R)

#83 X Works(アウディR8 LMS GT3)

#112 SATO-SS SPORTS(メルセデスAMG GT3)

#244 MAX Racing(レクサス RC-F GT3)

#300 TAIROKU RACING with B-MAX Engineering(フェラーリ488 GT3)

#720 McLaren Costumer Racing Japan(マクラーレン720S GT3)

#777 D’station Racing(TBN)

#TBN TBN(TBN)

 

【ST-Z】

#3 ENDLESS SPORTS(メルセデスAMG GT4)

#35 テクノファーストレーシングチーム(ジネッタGT4)

#51 BEND(ポルシェ ケイマンGT4 CS)

#190 バースレーシングプロジェクト【BRP】(メルセデスAMG GT4)

#222 ケーズフロンティア・System・KTM(KTM GT-4)

 

【ST-TCR】

#10 Adenau(フォルクスワーゲン ゴルフGTI TCR)

#19 バースレーシングプロジェクト【BRP】(アウディRS3 LMS TCR)

#22 ハーネス(TBN)

#45 Team Dream Drive(アウディRS3 LMS TCR)

#65 Audi Team Mars(アウディRS3 LMS TCR)

#75 Team Noah(ホンダ シビックTCR)

#97 DOME RACING(ホンダ シビックTCR)

#108 RFC(ホンダ シビックTCR)

#501 KCMG(ホンダ シビックTCR)

 

【ST-1】

#47 D’station Racing(ポルシェ911Cup)

#998 TBN(TBN)

 

【ST-2】

#6 シンリョウレーシングチーム(三菱ランサー エボリューションX)

#7 シンリョウレーシングチーム(三菱ランサー エボリューションX)

#17 TEAM NOPRO(マツダ アクセラ SKYACTIV-D)

#59 TOWAINTEC Racing(スバルWRX STI)

#743 Honda R&D Challenge(ホンダ シビックTYPE-R)

 

【ST-3】

#14 OKABEJIDOSHA motorsport(日産フェアレディZ)

#15 OKABEJIDOSHA motorsport(日産フェアレディZ)

#34 テクノファーストレーシングチーム(レクサスRC350)

#38 TRACY SPORTS(レクサスRC350)

#39 TRACY SPORTS(レクサスRC350)

#62 Le Beausset Motorsports(レクサスRC350)

#68 埼玉トヨペット GreenBrave(トヨタ マークX)

 

【ST-4】

#8 アスプロレーシング(トヨタVitz GRMN turbo)

#13 ENDLESS SPORTS(トヨタ86)

#18 浅野レーシングサービス(トヨタ86)

#28 TEAM DAMONDE(トヨタ86)

#54 TC CORSE(マツダ ロードスター)

#86 TOM’S SPIRIT(トヨタ86)

#100 SPVレーシング(トヨタ86)

#104 TEAM DAMONDE(トヨタ86)

#116 キャプレンハーロック・レーシングチーム(ホンダS2000)

#310 C.S.I Racing(トヨタ86)

#884 林テレンプ SHADE RACING(トヨタ86)

 

【ST-5】

#4 チームBRIDE(ホンダ フィット)

#37 TEAM NOPRO(マツダ デミオ SKYACTIV-D)

#50 LOVE DRIVE RACING(マツダ ロードスター)

#66 OVER DRIVE(マツダ ロードスター)

#69 J’S RACING(ホンダ フィット)

#70 J’S RACING(ホンダ フィット)

#78 LOVE DRIVE RACING(マツダ ロードスター)

#88 村上モータース(マツダ ロードスター)

#101 HMRacers(マツダ デミオ)

#168 RFC(ホンダ フィット)

#888 TEAM CELLECTION(ホンダ フィット)

次の記事
スーパーGT&S耐参戦のチーム郷、エントラント名は”マクラーレン”

前の記事

スーパーGT&S耐参戦のチーム郷、エントラント名は”マクラーレン”

次の記事

B-Max、2019年の活動計画を発表。”全主要カテゴリー”にエントリー

B-Max、2019年の活動計画を発表。”全主要カテゴリー”にエントリー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
執筆者 Tomohiro Yoshita