S耐タイヤサプライヤーのピレリ。富士24時間に4900本のタイヤを用意

シェア
コメント
S耐タイヤサプライヤーのピレリ。富士24時間に4900本のタイヤを用意
2018/06/03 2:38

今年からスーパー耐久のワンメイクタイヤサプライヤーを務めるピレリは、現在行われている富士24時間レースに、4900本のタイヤを用意したという。

 富士スピードウェイで行われているスーパー耐久第3戦富士SUPER TEC 24時間レース。今年からスーパー耐久は、ピレリタイヤがワンメイクタイヤサプライヤーとなり、全チームにタイヤを供給している。

 今回の富士に持ち込まれているのは、15インチ、17インチ、18インチのピレリP Zeroスリックタイヤと雨天用タイヤである。その合計本数は、4900本に及ぶという。

 今回の24時間レースにタイヤを供給するにあたり、ピレリのサーキット・アクティビティ・マネージャーであるマッテオ・ブラガは、次のようにプレスリリースにコメントした。

「ピレリが日本国内でタイヤ供給を行い始めた記念すべき年に、10年ぶりに24時間レースとして開催されるスーパー耐久に参画できたことを非常に嬉しく思っています」

 そうブラガは語る。

「ピレリにとっては、さまざまなクラスのさまざまなチームのニーズに適した製品のレンジを提供し、そして、シーズンを通して、エンジニアリング、技術、ロジスティック、フィッティングなどの高度なサービスを提供するという、2つのチャレンジがあります」

「我々のフィッティングエリアは、日本へ最高の国際基準をもたらしており、日本人を中心とした65名のチームには、タイヤフィッタースタッフ、エンジニア、マネージャーが含まれています。今回この魅力的なレースに向けて4,900本のタイヤを準備しました」

 富士SUPER TEC24時間レースは、残り3時間と少し。白熱した展開が続いている。

次の スーパー耐久 ニュース
富士24時間レース残り4時間、99号車GT-Rが再びトップへ

前の記事

富士24時間レース残り4時間、99号車GT-Rが再びトップへ

次の記事

富士24時間レース、夜明けに波乱。3号車GT-Rにトラブル発生

富士24時間レース、夜明けに波乱。3号車GT-Rにトラブル発生

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第3戦富士SUPER TEC 24時間レース
ロケーション 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース