スーパー耐久第2戦菅生:Gr.2決勝はTOM’S SPIRIT 86が優勝

シェア
コメント
スーパー耐久第2戦菅生:Gr.2決勝はTOM’S SPIRIT 86が優勝
執筆:
2018/04/28 12:04

2018スーパー耐久第2戦菅生。Gr.2の決勝レースはST-4クラスは#86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスは#67 YAMATO FITが優勝した。

 スポーツランドSUGOで行なわれているピレリ スーパー耐久シリーズ2018の第2戦。4月28日(土)にGr.2の決勝レースが行われ、ST-4クラスは#86 TOM’S SPIRIT 86(松井孝允/坪井翔/中山雄一)が開幕戦に続いて2連勝をマーク。ST-5クラスは#67 YAMATO FIT(安井亮平/池田歩)が初優勝を飾った。

 今回のSUGOラウンドは全体を2つのグループに分けて、それぞれ3時間耐久で決勝レースを実施する形式に。そのうちST-4クラスとST-5クラスの「Gr.2」が28日(土)に決勝が行われた。

 ST-4クラスはポールポジションからスタートした#86 TOM’S SPIRIT 86が、序盤から後続を引き離しトップをキープ。開始45分を経過する段階で、2番手の#55 Sunoasis田中建築86に対して14.5秒のギャップを築いた。3人全員がスーパーGTにも参戦しており、開幕戦でも安定したパフォーマンスをみせていた#86 TOM’S SPIRIT 86。今回も危なげなくポール・トゥ・ウィンかと思われたが、レース中盤に思わぬ展開が待ち構えていた。

 開始1時間を迎えるところで、#37 DXLワコーズ NOPRO デミオ SKY-Dがミッショントラブルでストップ。その際にコース上にオイルが出たため、その処理でセーフティーカーが導入された。オイルが撒かれた範囲が広かったこともあり、約20分にわたってセーフティーカー先導状態に。この間に、ST-4クラスの上位陣は規定である2回のピットストップを済ませた。その中でも、迅速な判断で対応した#55 Sunoasis田中建築86がトップに浮上する。

 41周を終えたところでレースが再開されるが、その直後に#50 LOVE DRIVE RACINGロードスターがトラブルでピットイン。この時も最終コーナー付近を中心にオイルが出たため、その処理で2度目のセーフティカーが導入された。

#86 TOM'S SPIRIT 86
#86 TOM'S SPIRIT 86

Photo by: Tomohiro Yoshita

 残り1時間のところでレースが再開されると、#55 Sunoasis田中建築86、#86 TOM’S SPIRIT 86、#13ENDLESS 86の三つ巴のトップ争いに。その中でもペースが良かった#86 TOM’S SPIRIT 86の中山雄一が、#55 Sunoasis田中建築86(大井貴之)に対して積極的に並びかけていく。数周は必死でトップを守っていた大井だが、中山もST-5クラスとの混走でチャンスを見出し、68周目の2コーナーでトップに浮上。そのまま逃げ切り、開幕戦に続いてのトップチェッカーを受けた。

 思わぬ展開で一時は2番手に後退したものの、最後はきっちりオーバーテイクを決めた中山は「左側のタイヤ2本のみの交換でしたが、意外ときつくて…。なかなかトップに追いつけなかったんですけど、ST-5クラスがいて良かったです。そこの(混走での)処理は自信があったので、チャンスを作って抜くことができましたし、最後は差を広げることができました」とコメント。意外に余裕はないレースだったそうだが、無事にトップチェッカーを受け安堵の表情を見せていた。

 ST-5クラスは、クラス8番手からスタートした#67 YAMATO FITが、様々な混乱の中で冷静かつ安定したレース運びを披露。大逆転で優勝を飾った。

次の記事
D’station Porscheの星野敏「走り始めから手応えを感じていた」

前の記事

D’station Porscheの星野敏「走り始めから手応えを感じていた」

次の記事

D’station Porsche、1分差のギャップを逆転し今季初優勝

D’station Porsche、1分差のギャップを逆転し今季初優勝
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む