スーパー耐久、2019年から一部クラスにポジションディスプレイを正式導入

シェア
コメント
スーパー耐久、2019年から一部クラスにポジションディスプレイを正式導入
執筆:
2019/01/21 8:11

ピレリ スーパー耐久シリーズは2019シーズンから、一部のクラスでポジションディスプレイの装着を義務付けるなど、いくつかの変更点を明らかにした。

S耐で2019年から正式導入されるポジションディスプレイ
2019年から導入される「S耐カード」
2019年から導入される「S耐カード」

 2019シーズンも全6戦が予定されているピレリ スーパー耐久シリーズ。昨年途中から試験運用されていた「ポジションディスプレイ」が、今季から一部のクラスで正式導入されることが明らかとなった。

 ここ数年は、積極的に新しい試みを行っているスーパー耐久。2018シーズンはタイヤがピレリのワンメイクになったほか、海外レースでも導入が進んでいるフルコースイエロー(FCY)が導入。さらに国内では10年ぶりとなる24時間耐久レースが富士で開催されるなど、例年以上に注目を集めた。

 さらに「S耐メディアプロジェクト」と題して、YoutubeLiveでのレース映像配信や各SNSを使ってリアルタイムでの情報発信に力を入れている。これらの影響もあってか、昨シーズンの総来場者数は10万2438人を記録。前年よりも約2万人も増加した。

 2019年に向けても、よりファンにとって“わかりやすいスーパー耐久”を目指し、いくつかの変更を行っていくという。

 そのひとつがポジションディスプレイの導入だ。これは昨年の第4戦オートポリスからST-Xクラスにのみ試験導入され、運用面でのテストも行われていたが、2019シーズンはST-Xクラス、ST-Zクラス、ST-TCRクラスなどに正式導入されることが決まった。なお、装着義務の対象となるのは前述のように一部クラスのみとなるが、2020年からは全クラスで装着義務付けになるという。

 また、フロントウインドウにカーナンバーのステッカーを貼ることが全車に義務付けられる他、公式サイトで「S耐カード」という各車の位置関係やクラスごとの順位がよりわかりやすくなるシステムも導入されるとのことだ。

 注目の2019シーズンは3月23日(土)、24日(日)に鈴鹿サーキットで開幕戦を迎える。

次の記事
S耐がシリーズ表彰式を開催、新たに“クラシックチャレンジ”立ち上げを表明

前の記事

S耐がシリーズ表彰式を開催、新たに“クラシックチャレンジ”立ち上げを表明

次の記事

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT&S耐に参戦決定

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT&S耐に参戦決定
Load comments

この記事について

シリーズ スーパー耐久
執筆者 吉田知弘