F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
WU まで
06 時間
:
39
:
51
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days

D’station Vantage GT3、スーパー耐久第4戦に藤井誠暢を起用

シェア
コメント
D’station Vantage GT3、スーパー耐久第4戦に藤井誠暢を起用
執筆:
2019/07/18 8:14

2019スーパー耐久に参戦するD’station Racingは今週末の第4戦オートポリスの#777 D'station Vantage GT3のBドライバーに藤井誠暢を起用することを発表した。

 今週末オートポリスで開催されるピレリ スーパー耐久シリーズ2019第4戦に参戦するD’station Racingは、ST-Xクラスの#777 D'station Vantage GT3にスーパーGTやニュルブルクリンク24時間レースで活躍する藤井誠暢をBドライバーに起用することを発表した。

 今年からD’station RacingはスーパーGT、スーパー耐久ともにマシンをアストンマーティンの新型ヴァンテージGT3にスイッチ。特にスーパー耐久ではアストンマーティンのワークスドライバーであるダレン・ターナーを序盤2レースのみ起用し、開幕戦の鈴鹿では新型ヴァンテージGT3の第1勝目を飾るという快挙を成し遂げ、第2戦SUGOではBoP(性能調整)で苦戦した部分がありつつも、3位表彰台を獲得した。

 D’station RacingのAドライバーでありチームオーナーの星野敏がル・マン24時間レースに出場した関係で、テスト等の日程重複もあり、スーパー耐久第3戦の富士24時間レースは欠場。第4戦以降のBドライバーについてはシーズン開幕時には明らかにされていなかったが、レースウィークが始まる直前になって藤井の起用が発表された。

 藤井はスーパーGT(GT300クラス)でジョアオ・パオロ・デ・オリベイラとともに#7 D’station Vantage GT3をドライブしているほか、昨年まで別のチームではあったがスーパー耐久(ST-Xクラス)にも参戦し、チャンピオン獲得の経験もある。さらに先月開催されたニュルブルクリンク24時間レースではKONDO RACINGの総合9位獲得に貢献。まさにチームにとっては頼もしい戦力となってくれそうだ。

 なお残る2名は通常通りの体制で星野がAドライバー、近藤翼がCドライバーを担当する。

次の記事
エイドリアン・ニューウェイのスーパー耐久参戦、延期が決定

前の記事

エイドリアン・ニューウェイのスーパー耐久参戦、延期が決定

次の記事

第4戦予選|天候変化を味方につけた244号車RC Fが初PP獲得

第4戦予選|天候変化を味方につけた244号車RC Fが初PP獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
ドライバー 藤井 誠暢
執筆者 Tomohiro Yoshita