スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
18 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
4 days
R
08 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
25 days
22 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
39 days
11 9月
-
13 9月
Canceled
R
12 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
60 days
R
富士 III
03 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
81 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
24 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
102 days
R
もてぎ II
07 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
116 days
R
28 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
137 days
Japan
イベント

Rd.8 ツインリンクもてぎ (2017)

11 11月 - 12 11月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
39 articles
フィルターをクリアにする
Rd.8 ツインリンクもてぎ
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

Rd.8 ツインリンクもてぎの最新ニュース

グリッド
リスト

DTMとのデモラン実現うけ、GTA坂東代表「交流戦に向けて前進できた」

スーパーGT最終戦もてぎで実現したGT500とDTMのデモラン。GTAの坂東正明代表は、DTM交流戦実現に向けての前進を確信したようだ。

山本尚貴、好バトルをみせるも5位「ペースが良かっただけに悔しい」

最終戦もてぎを5位で終えた#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴は、ペースの良さを発揮できずレース後に悔しさを見せた。

タイヤ無交換作戦も無念の2位。”ルーキー”ウォーキンショウ「あと少しだった」

スーパーGT最終戦で#55 ARTA BMW M6 GT3はタイヤ無交換作戦を敢行。しかし残り2周で首位の座を明け渡してしまった。

片岡龍也「嬉しいの一言。余裕がなく、守りながら攻めたレースだった」

4号車GSRの片岡龍也は、首位で最終戦を迎えるも余裕のないレースだったことを明かした。【GOODSMILERACING】2017 SUPER GT Rd.8 レースレポート

DTM代表のベルガー来日「スーパーGTが成功する理由が分かった」

スーパーGT最終戦で実現した、DTMマシンの日本デモラン。DTM代表のゲルハルト・ベルガーは、初体験のスーパーGTの感想を語った。

加藤寛規「EVORAの速さを見せられず、本当に苦しいシーズンだった」

今季最終戦に臨んだシンティアム・アップル・ロータスは、エンジントラブルでリタイアとなった。【Cars Tokai Dream28 プレスリリース】

中山雄一「来年のRC F GT3は、欧州のGT3勢に負けないマシンに仕上がる」

RC F GT3参戦初年度ながら、#51 JMS LMcorsa RC F GT3はドライバー/チームともランキング3位でシーズンを終えた。【INGING MOTORSPORT プレスリリース】

新田守男「フェラーリはコーナリングは速いが、加速感が乏しかった」

新体制で2017年シーズンに臨んだ50号車INGING MOTORSPORTは、ドライバーズランキング17位、チームランキング16位でシーズンを終えた。【INGING MOTORSPORT プレスリリース】

立川祐路「うまくいかないレースも多かった。来年はきっちり戦いたい」

まさかのQ1落ちを喫しながら、3位でフィニッシュ。しかしタイトルには届かなかった。【LEXUS TEAM ZENT CERUMO プレスリリース】

フォーメーションラップの接触をカルダレッリ語る「回避できなかった」

タイトルの可能性を残して最終戦に挑んだ#6 WAKO'S 4CR LC500。しかし、フォーメーションラップの接触で、すべては水の泡と化した。

VivaCギヤトラブルに泣くも、松井孝允「単純に勝てるペースなかった」

スーパーGT最終戦もてぎを5位で終えた#25 VivaC 86 MC(松井孝允/山下健太)は、レース中ギヤシフトにトラブルを抱えていたという。

”これがレース”と結果を受け入れる黒澤治樹「来年ウチはもっと手強い」

スーパーGT最終戦もてぎで優勝を果たした#65 LEON CVSTOS AMG。王者獲得はならなかったが、来季につながる手応えを感じたようだ。

”完璧なシーズン”過ごし王者に。平川亮「ホッとして言葉が出なかった」

GT500クラスのチャンピオンに輝いた#37 KeePer TOM’S LC500。平川亮は会見で”完璧なシーズンだった”と振り返った。

意地の1勝挙げた23号車。松田次生「この流れを維持して来年は王者に」

最終戦もてぎで、GT-R勢にとって今季唯一となる勝利を挙げた#23 MOTUL AUTECH GT-R。松田次生は、来年の王者奪還を誓った。

2014年以来の王者獲得に安堵の谷口信輝「タイ戦での2位が鍵だった」

最終戦もてぎで3位を獲得し、GT300クラスの王者に輝いた#4 グッドスマイル 初音ミク AMGのふたりは、その心境を会見で語った。

23号車NISMO優勝実らず、37号車KeePer TOM'Sコンビ最年少戴冠

スーパーGT最終戦もてぎは、2位に入った#37 Keeper TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)がシリーズチャンピオンを獲得した。

65号車LEONが優勝も、4号車GSRが2014年以来のチャンピオン獲得

最終戦もてぎは、#65 LEON CVSTOS AMGが優勝。しかし3位に入った#4 グッドスマイル 初音ミク AMGがチャンピオンを獲得した。

逆転王者に向けて、高木真一「2位で終わろうなんて誰も思っていない」

スーパーGT最終戦もてぎ、ランキング4位の#55 ARTA BMW M6 GT3の高木真一は”捨てるものはない”と、決勝に向けて意気込みを語った。

予選でライバル2台の先行許した37号車。平川亮「日産勢の動きが恐い」

予選でタイトルを争うライバル2台の先行を許した#37 KeePer TOM'S LC500の平川亮は、日産勢の決勝での動きを警戒しているようだ。

23号車NISMO鈴木豊監督「チャンピオンになってファンへの恩返しを」

#23 MOTUL AUTECH GT-Rの鈴木豊監督は、応援してくれたファンへの恩返しとして、良い結果を残したいと語った。

大嶋和也、ポールポジション逃すも「できることを精一杯やるだけ」

スーパーGT最終戦もてぎで予選2番手となった#6 WAKO’S 4CR LC500の大嶋和也は、決勝に向けて手応えをつかんだ様子だった。

もてぎ予選:23号車NISMOライバル一蹴。逆転王者に向け今季初PP

最終戦の予選は、Q2担当のクインタレッリが驚異の走りを見せ、#23 MOTUL AUTECH GT-Rがポールを獲得した。

決勝を見据えて作戦を選択した51号車。中山雄一「今の所は良い流れ」

スーパーGT最終戦もてぎで、逆転チャンピオンを狙う#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、決勝を見据えた作戦を選択したようだ。

驚異のタイムで今季初PP、クインタレッリ「コースオフしそうだった」

最終戦もてぎの予選、驚異的な走りで今季初ポールポジションを獲得したロニー・クインタレッリは、ギリギリの走りだったと語った。