クラッシュで予選不参加だったマッハ車検86、マシンを修復し出走へ

第4戦SUGOの練習走行でクラッシュを喫し、予選不出走だった#5 マッハ車検 MC86 GTNETは、修復が間に合い決勝に出走することができるようだ。

 この後、決勝が始まる2017スーパーGT第4戦SUGO。昨日の公式練習でクラッシュを喫し、予選は不出走だった#5マッハ車検 MC86 GTNET(坂口夏月/藤波清斗)だが、マシンの修復も完了し、決勝は出走できる模様だ。

 昨日、公式練習を開始して早々のタイミングで、藤波が乗る#5マッハ車検 MC86 GTNETがレインボーコーナーを立ち上がったところでスピン。イン側のガードレールに激しくクラッシュしてしまった。

 なんとか自走で戻ってきたものの、リヤのカウルが大きく潰れるダメージを負い、サスペンション周りやミッションケースまで被害が及んでいたとのこと。特にミッションケースのカバーは現場にスペアパーツがなく、予選出走が叶わなかった。

 御殿場方面にパーツがあったとのことで、そこから取り寄せたという。今朝にはマシンも修復され、再車検も受けレース出走への準備を進めている。

 グリッド表にはGT300クラス最後尾に記載されているが、決勝直前に行われるウォームアップ走行の結果次第で、最終的な出走可否が決まるという。

 藤波は、「本当なら上位もマザーシャシーだったし、普通にいけば5番手以内にはいけるはずだったのですが、自分のミスでこういう結果になってしまいました。相方は今週末まだ一度も走れていなくて、悪ことしてしまいました。クルマを直してくれた玉中社長はじめ、チームに感謝しています」とコメント。

 なんとか最後尾から決勝に出られることになるが、最後尾からトップを目指すつもりで全力を尽くすと語ってくれた。

「でもまだ終わったわけではないので、気持ちを切り替えて、最後尾ですけどポイントをとれるようにしたいです」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

VivaC、連続ポール獲得。松井孝允「山下選手のアジャストあってこそ」

SUGO予選GT300:VivaC 86 MC圧巻。僅差でポール獲得

予選7番手獲得の51号車RC F。中山雄一「雨なら表彰台圏内狙える」

SUGO:トラブル多発の公式練習、6号車WAKO’S首位

過酷な”3連戦”に挑むGSR。片山右京監督「チャンスを待って確実に獲る」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Round4 Sugo
サーキット スポーツランドSUGO
記事タイプ 速報ニュース