コンビ結成3年目の本山&千代「ふたりの集大成をみせるシーズンに」

NDDP RACING with B-MAXの本山と千代は、今季に向けて「ふたりの集大成をみせるシーズンにしたい」と語った。

 今年からGT500クラスにステップアップし、注目を集めているNDDP RACING with B-MAX。このチームでもコンビを組むことになった本山哲、千代勝正が今季に向けて「ふたりの集大成をみせるシーズンにしたい」と意気込みを語った。

 昨年までGT300クラスで活躍していたNDDP RACING with B-MAXが今年はGT500へステップアップする。監督は長谷見昌弘氏が務め、ドライバーは昨年までMOLAでコンビを組んでいた本山哲と千代勝正が、そのまま新チームへ加入する形となった。

長谷見昌弘
Photo by: Tomohiro Yoshita

  2月24日に日産グローバル本社ギャラリーで行われた体制発表会やトークショーイベントにドライバーと監督らが登場。長谷見監督は「GT500新参者ですが頑張ります。応援よろしくお願いします」と意気込みは控えめだったが、自身にとっては2010年以来となるGT500クラスの監督ということで、気合十分の様子だ。

 ドライバーを務める2人も今季に向けての意気込みを披露。本山は「今年はチームが変わったということで心機一転。チームもB-MAXでGT300から上がってGT500クラスは初めてですが、モチベーションが非常に高いです。さらに(B-MAXは)GT300とかF3で経験があるし、メンバー的にも色々知っているところがあるので、すごく楽しみです。千代とも(コンビを組んで)3年目なので、今年しっかり結果を出したいです」と、新しいチームとの仕事を楽しみにしていた。

 今年も本山のチームメイトとなる千代は「僕は(GT500参戦)3年目なので、結果も欲しいですし、新規チームで新たな気持ちで臨めるので頑張りたいです。でも、3年目で結果が出なかったら放出されるんじゃないかなと思っているので、まずは初優勝、そしてシリーズチャンピオンを目指して、頑張りたいです」と語った。

 ふたりのコメントにもあるように、彼らはコンビを組んで今年で3年目になる。“一区切り”という形なのか、2人で集大成となるシーズンにしたいことを強調していたのが印象的だった。

#3CRAFTSPORTS GT-R
Photo by: Tomohiro Yoshita

  またチームは、昨日と一昨日に岡山国際サーキットで行われたメーカーテストで、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rをシェイクダウン。その時の様子について本山は「クルマとしてもベースは非常に良かったです。またチームとしては(GT500で)初めての仕事だったので、慎重な出だしで『しっかりやっていこう』という感じでした。最初の走行としては良いテストでした」とコメント。

 千代も「オフシーズンのテストは順調で、昨年の最終戦からの好調さを維持している感じです。昨年から各メーカーとも力を入れているので、かなり僅差の戦いになるかもしれませんが、開幕に向けてしっかり頑張りたいです。あと、3年目ということで、これまでの2年間で積み重ねてきた経験を生かして、2人のコンビの集大成を見せたいなと思います」と感想を語り、シーズン開幕に向けての準備は順調に進んでいる様子だった。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース