スーパーGTを戦う唯一のフェラーリ。Arnage Racingが体制発表

フェラーリ488GT3を駆り今季のスーパーGTに参戦するINGING & Arnage Racingが、2017年の参戦体制を発表した。

 今週末に岡山国際サーキットで開幕する、2017年のスーパーGT。そのGT300クラスのフェラーリ488GT3を駆って参戦する「INGING & Arnage Racing」の体制発表会が、コーンズ名古屋ショールームで行われた。

司会を務めたサッシャ氏
司会を務めたサッシャ氏

Photo by: Motorsport.com

 スーパーGTやDAZNのF1実況でもお馴染みのサッシャ氏が司会を務め、今季のドライバーである都筑晶裕と新田守男、そしてチーム監督の伊藤宗治が壇上に上がった。

 マシンは昨年51号車として走っていたフェラーリ488GT3そのものだが、2017年仕様のアップデートが施されているという。ドライバーは昨年の51号車のままながら、そのメンテナンスをArnage Racingが引き継ぐ。

「INGINGの協力の下、体制の根幹となるものができました」

 そう伊藤監督は挨拶をした。

「フェラーリ488GT3は、これまで扱ってきたランボルギーニ、アストンマーチン、メルセデスなどのGT3マシンとは、全く似通っていないというのが率直な感想です」

「フェラーリは、明確な意思と思想で、コストを考えずに作られています。レースのことを知り尽くした人間が設計し、レースを知り尽くしたクラフトマンが組み立てた……そしてメンテナンスをする我々に、クルマがその明確な意思を伝えてくるようにも思います。実際に走らせ、セッティングをしている際にも、その意思を感じることがありました。おそらく、その意思は非常に強く、レースを戦う上でとても重要なことだと思います」

 そう、今季新たに扱うフェラーリ488GT3についての印象を語った。

 なお伊藤監督によれば、エンジンの”コントロール系”が大きく改良され、パフォーマンスの向上に繋がっているのだという。

伊藤宗治監督、都筑晶裕、新田守男
伊藤宗治監督、都筑晶裕、新田守男

Photo by: Motorsport.com

 ドライバーを務める都筑は、相棒となって2年目となるフェラーリ488GT3について「足回りの性能が素晴らしい。空力も優れていて、タイヤに優しい。GT3車両すべてがライバルだと思っています」とその印象を語った。

 そして次のように今シーズンの抱負を語った。

「まずは優勝、そしてチャンピオンを目指していきたい!」

 都筑のチームメイトを務める新田は、GT300クラスでは最多勝記録を保持している。

「この記録を更新したいですね」

 そう今シーズンへの期待感を示す。そしてマシンの印象について、次のように評価した。

「2017年バージョンのフェラーリが、今まで乗ったクルマの中で一番良いクルマだと、富士のテストで思いました。チャンピオンを獲るのは簡単ではありません。でも、最終戦までタイトルを争えるようにしたいです」

 フェラーリは今年創業70周年。その節目となる年に、日本のGTレースでどんな活躍を見せるのか? 開幕戦は今週末の4月8日と9日、岡山国際サーキットで行われる。

【関連ニュース】

【耐久】GSR、スパ24時間に電撃参戦発表。ドライバーに可夢偉が加入

【スーパーGT】富士テスト初日:GT300はFIA-GT3勢好調。3号車が首位

【スーパーGT】LMcorsaが2017年体制発表。飯田「ポテンシャルを発揮できれば面白い」

【スーパーGT】中山雄一「山口に拠点を移す。気合いは入ってます!」

”最強GT3決定戦”を目指す『鈴鹿10耐』:モビリティランド社長に訊く

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 INGING & Arnage Racing チーム体制発表会
ドライバー 都築 晶裕 , 新田 守男
チーム Arnage Racing
記事タイプ 速報ニュース