スーパーGTタイ:オーストラリアのチームがGT300にM6でスポット参戦との報

モーガン・ハーバーは、MARC GTチームのBMW M6 GT3で、来月のスーパーGTタイラウンドに参戦する。

 10月8〜9日にかけて行われるスーパーGT第7戦タイ。このレースにオーストラリアのMARC GTチームが参戦することになったようだ。マシンは#7 Studie BMW M6や#55 ARTA BMW M6 GT3と同じBMW M6 GT3である。

 モーガン・ハーバーとMARC GTチームは、数ヶ月前のフィリップアイランド101でBMW M6 GT3をデビューさせたが、オーストラリアンGTを2戦連続で欠場していた。

 このマシンの次レースは、オーストラリアではなくタイになるようだ。MARC GTチームはヴァッタナ・モータースポートと協力し、BMW M6 GT3をスーパーGTのタイラウンドでGT300クラスにエントリーするとみられている。ドライバーはハーバーとヴァッタナのドライバー、チョンサワット・アサバハメになるようだ。

「スーパーGTでレースをすることになって興奮している。国際的なレースに出るのが常に長期的な目標だった。スーパーGTのような偉大なシリーズでドライブできるのは素晴らしいことだ」

「M6のコクピットに戻るのを本当に楽しみにしている。本当に良いクルマだし、チャーン・インターナショナル・サーキットは素晴らしいトラックだ」とハーバーは語った。

 ハーバーはスーパーGTへの参戦はこの1戦限りだとし、その後はオーストラリアンGTの残りのレースに参戦するとしている。

「オーストラリアには素晴らしいGTシリーズがある。世界でもベストなドライバーたちが何人かいる。だから僕の優先事項はオーストラリアンGTに戻ってレースを続けることだ」とハーバーは語った。

「タイにM6を輸送しなければならなかったから、シドニー・モータースポート・パークで行われたふたつ目の耐久ラウンドを欠場しなければならなかった。けどまだオーストラリアンGTのチャンピオンシップを戦っていきたいと思っているよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
ドライバー Morgan Haber
記事タイプ 速報ニュース