スーパーGT最終戦にて、戦闘機「F-2」の歓迎フライトが決定

11月にツインリンクもてぎで行われるスーパーGTの最終戦で、戦闘機「F-2」の歓迎フライトを行うことが発表された。【モビリティランド プレスリリース】

2017 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT GRAND FINAL
航空自衛隊松島基地「F-2 戦闘機」歓迎フライト決定のご案内

 森の中のモビリティテーマパークツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は、 2017年11月11日(土)・12日(日)に開催する「2017 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT GRAND FINAL」において、このたび、11月12日(日)決勝日のオープニングセレモニーで、航空自衛隊松島基地「F-2 戦闘機」歓迎フライトを実施することとなりましたので、ご案内いたします。

■F-2 戦闘機
 F-2 は、米国のF-16を、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し日米共同で改造開発した戦闘機です。昭和63年にFS-Xとして開発に着手し、平成7年に初飛行、12年度に開発は完了いたしました。 F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のため主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど、先進の電子機器を採用しております。
※航空自衛隊ホームページより抜粋(http://www.mod.go.jp/asdf/index.html

■実施概要
【日時】 2017年11月12日(日)決勝日オープニングセレモニー(予定)
【場所】 ツインリンクもてぎ レーシングコース上空
【内容】 航空自衛隊松島基地「F-2戦闘機」歓迎フライト
※天候、視界不良、その他の理由により中止となる場合があります。

【ツインリンクもてぎ プレスリリース】

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.8 ツインリンクもてぎ
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ プレスリリース