スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

スーパーGT第2戦富士は波乱の開幕、霧で公式練習が開始できず

シェア
コメント
スーパーGT第2戦富士は波乱の開幕、霧で公式練習が開始できず
執筆:
2018/05/03 0:22

2018スーパーGT第2戦富士、朝から濃霧の影響により公式練習がスタートできない波乱の事態となっている。

 富士スピードウェイで5月3日に開幕したスーパーGT第2戦。朝から濃霧の影響で公式練習がスタートできないなど、早くも波乱の展開となっている。

 シーズンの中で一番盛り上がるゴールデンウィークの500kmレースだが、予選日は朝から荒天に見舞われ、未明には御殿場市内も雷雨となった。スーパーGTのセッション前に行われたFIA-F4の公式予選でも、視界不良の影響で赤旗が出され、そのままセッション途中で打ち切りとなるほどだった。

 本来、スーパーGTの公式練習は8時40分からだったが、霧は濃くなる一方で、セッション開始はディレイになることが決定。その後も天候が回復する気配はなく、現状では10時15分までセッションが行われないことが決定している。

 コース各所を見ても、ここ最近では珍しいほど濃い霧となっており、スタンドエリアからコースが見えない状況。この影響で予選日のスケジュールは大幅に変更になることが予想されており、第2戦富士は早くも波乱の展開となっている。

 また、セッション開始前には4月22日に急逝されたTeamLeMansの山田健二エンジニアに黙祷が捧げられた。

次の記事
WAKO’S LC500脇阪監督「山田エンジニアがいなくても前向きに戦う」

前の記事

WAKO’S LC500脇阪監督「山田エンジニアがいなくても前向きに戦う」

次の記事

濃霧のため、公式練習は中止/スーパーGT第2戦

濃霧のため、公式練習は中止/スーパーGT第2戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦FUJI GT 500km RACE
ロケーション 富士スピードウェイ
執筆者 Tomohiro Yoshita