鈴鹿1000kmチェッカー直前にクラッシュ。25号車松井「自分のミス」

先日行われた鈴鹿1000km。レース終盤、GT300クラスの2番手を走っていた#25 VivaC 86 MCは、まさかのクラッシュを喫してしまった。

 鈴鹿サーキットで行われた2017スーパーGT第6戦鈴鹿。GT300クラスで82kgものウェイトを積みながら、最後までトップ争いを続けた#25 VivaC 86 MCだが、チェッカーまで数周というところでクラッシュ。マシンが転覆してしまった。

 予選では山下健太がコースレコードを塗り替える驚速タイムをマークし今季3度目のポールポジションを獲得。決勝でも、重いウェイトハンデを背負いライバルに迫られるシーンもあったが、途中に2度のタイヤ無交換を行うなど、得意の作戦で優勝争いに絡んでいく。

 レース終盤になると#65 LEON CVSTOS AMGとの一騎打ちに。最後のピットストップを終えた時点では#25 VivaC 86 MCが先行していたが、ペース的には#65 LEON CVSTOS AMGが圧倒的に有利な状況。チェッカーまで残り10周を切ったところで追いついき、1コーナーでアウトから逆転。それでも#25 VivaC 86 MCの松井孝允は、少しでも食らいつくべくプッシュしたが、チェッカーまで残り4分まで迫ったところで、逆バンクでクラッシュ。マシンが横転してしまった。幸い乗っていた松井は無事で、マーシャルの手を借りて、自力でマシンを降りていた。

 当初は、近くにいた#8 ARTA NSX-GTと接触してのクラッシュかと思われ、一時は彼らに対してペナルティの情報も出たが、これはすぐに取り消された。

 その時の状況について、ピットに戻ってきた松井はこのように語った。

「単純に自分のミスでクラッシュしちゃっただけなので、(8号車と)当たってはいないです。逆バンクでリヤが流れた時に、いきなりクルマが左に持って行かれたような感じでした」

 逆スピンするような形でコントロールを失った#25 VivaC 86 MC。その時に、横にいた#8 ARTA NSX-GTも巻き込むような形になってしまったようだ。なお、#8 ARTA NSX-GTはそのままコースに復帰してチェッカーを受けている。

「単純なペースでは全然(#65 LEON CVSTOS AMGに)敵わないというのは分かっていたので、その中でチームが作戦を練ってくれて、あそこまでいけたというのがあります。今日は2位がベストかなという感じでした」

「最終スティントは予選で使ったタイヤだったんですけど、正直キツイところはありました。でも、その中でもミスしたのは自分なので……」と、反省気味の松井。

 ただ、気になるのはマシンの方だ。この鈴鹿から第7戦タイまでは、開催日程だけでみれば1カ月以上空いている。しかしマシンや機材は船便での輸送になるため、その積み込みのデッドラインが間近に迫っているのだ。

 松井によると「僕もちゃんと確認できていなかったのですが、カウル等の破損は結構いっていると思います。ただクラッシュのインパクトはそこまで大きくなくて、車内に取り付けられているGセンサーが反応することもありませんでした」とのこと。それでも、ルーフやリアセクションを中心に、ダメージは決して軽微なものではない。現在、土屋エンジニアリングのガレージで、タイラウンドへの搬出に間に合わせるべく、必死の修復作業が続いている。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.6 鈴鹿1000km
サブイベント 日曜日 決勝
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー 山下 健太 , 松井 孝允 , 近藤 翼
チーム VivaC team Tsuchiya
記事タイプ 速報ニュース