【スーパーGT】バトンの鈴鹿1000km出場が決定。TEAM 無限に加入

ジェンソン・バトンが#16 MOTUL MUGEN NSX-GTに乗り、鈴鹿1000kmにスポット参戦することが決まった。

 ジェンソン・バトンが、8月27日に決勝レースが行われる鈴鹿1000kmにスポット参戦することが決まった。バトンは鈴鹿1000kmで、武藤英紀、中嶋大祐と共に、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTのマシンを走らせることになる。

 鈴鹿1000kmを前に、バトンは来日。6月6日と7日に鈴鹿サーキットで行われるタイヤメーカーテストに参加する予定だ。

■ジェンソン・バトン選手のコメント
「昨年12月のHonda Racing THANKS DAYでNSX CONCEPT-GTをドライブし、実際にレースに興味がわきました。Hondaと一緒に話し合った結果、鈴鹿1000kmに出場できることになり、とてもうれしく思います。F1ドライバー、そしてTEAM MUGENの一員として貢献し、勝利を目指したいと思います。日本のファンの皆さんの前で再びレースができることを本当に楽しみにしています」

■TEAM MUGEN 手塚長孝監督のコメント
「今回、TEAM MUGENに力強い味方としてジェンソン・バトン選手を迎えられることになり、大変うれしく思います。F1世界チャンピオンとしての素晴らしい走りを鈴鹿サーキットで見せてくれることと期待しています。今年で最後となる鈴鹿1000kmでTEAM MUGENらしい勢いのあるレースができるよう、武藤選手、中嶋選手、バトン選手とともに、一丸となって取り組みます。ご声援のほどよろしくお願いします」

■本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長 森山克英のコメント
「バトン選手の鈴鹿1000km参戦を歓迎します。NSX-GTをドライブするバトン選手の勇姿を見るのも楽しみですし、バトン選手自身もエンジョイしてくれるでしょう。F1世界チャンピオンであるバトン選手の加入でHonda陣営の総合力を更に上げ、勝利を目指します」

【関連ニュース】

【F1】バトン「これが最後の予選」。ペナルティで降格も「楽しかった」

【F1】バトン、ウェーレインとのクラッシュで3グリッド降格のペナルティ

【F1】バトン「バーレーンでテストしても、”役に立たなかった”はず」

【F1】バトン、ラリークロス仕様ホンダ・シビックをテスト

バトン、来季はスーパーGTとラリークロス参戦を検討

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.6 鈴鹿1000km
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー ジェンソン バトン
記事タイプ 速報ニュース