【スーパーGT】ポール獲得のGSR。片岡「最初全く手応えがなかった」

スーパーGT第2戦富士の予選でGT300クラスのポールポジションを獲得した#4 グッドスマイル 初音ミク AMGは、決して順調ではなかったと会見で語った。

 スーパーGT開幕戦岡山で優勝を果たした#4 グッドスマイル 初音ミク AMGは、40kgのウエイトを積んで第2戦富士の予選に臨んだが、重量のハンデを跳ね除けポールポジションを獲得した。しかし、決して順調だったわけではないと、ドライバーふたりは語った。

 今回の予選、#4 グッドスマイル 初音ミク AMGは予選Q1を担当した片岡龍也が2番タイムを残し予選Q2にコマを進めると、谷口信輝が2番手の#9 GULF NAC PORSCHE 911に対して0.106秒差をつけ、ポールポジションを獲得した。

 予選後の記者会見で片岡は「ポールポジションを獲れて嬉しかったんですが、Q2走りたかった!」と素直な気持ちを吐露した。練習走行を6番手で終えた#4 グッドスマイル 初音ミク AMGだが、最初は決して良い状態ではなかったと、片岡は語った。

「練習走行をスタートした時点では今の(マシンの)感触はなくてですね、Q1も危ないんじゃないかなというほど、苦戦が予想されていました」と片岡は振り返った。

「練習走行からエンジニアに言いたいこと言って、クルマをいろいろいじってもらったら、予選で感触が意外と良くて、Q1を2番手になりました。Q2も結構面白いんじゃないかなと思っていたので、見事にポールポジションを獲れて嬉しいです」

 谷口は「すいませんね、僕Q2行っちゃって!」とまず片岡に”謝罪”。片岡のQ1起用の理由を明かした。

「練習走行では片岡選手がニュータイヤ、僕が中古のタイヤで走っていたので、流れ的には僕がQ1をクリアして、Q2で片岡選手がアタックするというのがセオリーです。しかし、練習走行の結果が1位から15位まで0.5秒という接戦の中で、ワンミスでQ1敗退になる可能性があったため、片岡選手に確実にいってもらいました」

「片岡選手はQ1を2番手で走ってくれて、走ったフィーリングを元にマシンをアジャストしてくれました。さらに、いいタイムを出した時の走り方を聞いて、それを取り入れていったら良いタイムが出せました」

 #4 グッドスマイル 初音ミク AMGは、コース後半に当たるセクター3で速さを見せていた。この件について、片岡はそこまで意識はしていなかったと語った。

「正直そこに合わせているつもりは全くなかったです。朝、セクター3がすごい調子悪かったんですね。そこをまともに走れるようにセットアップを進めていって、どちらかというと確かにストレートスピードは犠牲になっていますけど、結果それがアドバンテージになったんじゃないかと思います」と片岡は明かした。

 谷口は「ヨコハマタイヤさんが今回用意してくれたタイヤが、カーブが抜群に速くて、その賜物だと思います」とコメントした。

「岡山は確かにクルマのキャラクターが合っていると思っていて、富士はもっと富士に合ったキャラクターのマシンがもっといると思うので、不安な気持ちで富士に乗り込んできました。なので、タイヤの賜物だと思います」

 また、片岡はメルセデスAMG GT3への理解が深まってきたことも速さの要因のひとつだと考えているようだ。

「岡山の時はクルマがすごい良くて、文句ひとつも言わなかったです。だけど、今日は終始文句しか言っていなくて、なんでまとまったのかなというくらいでした。そういう意味でいうと、どこかにあるスイートスポットにようやく入ってきたのかなという感じです」

 2011年ぶりにポールポジションを獲得した谷口と、ポール獲得は初となった片岡。ふたりは明日の決勝に向けて意気込みを語った。

 片岡は「ポールポジションって1番優勝に近いですが、距離の長いレースなので多少有利なだけかなと思っています。いつ以来のポールポジションかなって調べたんですけど、足掛け14年ばかりGTやってきて初めてでした。明日は優勝したいなと思います」とコメント。

 谷口は「2011年以来(のポール獲得)ということなので、ポールポジションインタビューにカメラマンがいっぱい集まってくれるので、ポールポジションって結構いいものだなと再確認しました」と述べた。

「今回は500kmレースということで、ピットが2回あります。なのでピットワークが早いチームが有利かなと思います。思い当たるクルマがたくさんあるんですが、とりあえず良い位置からスタートするので、また明日記者会見ができるように頑張ります」

【関連ニュース】

【スーパーGT】第2戦富士GT300予選:ミクAMG、驚異の走りでPP獲得!

【スーパーGT】富士FP:#38 レクサスがトップ。#46 GT-Rが3番手

【スーパーGT】大クラッシュの360号車「振動を感じた瞬間バースト」

【スーパーGT】"悪い流れ"乗り越えた4号車「普通なら簡単に勝てた」

【スーパーGT】岡山決勝GT300:大波乱の開幕戦、4号車初音ミク完勝

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Round2 Fuji
サブイベント 水曜日 予選
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース