【スーパーGT】可夢偉、決勝1スティント担当も「遅かったですね…」

第6戦鈴鹿1000kmに参戦した小林可夢偉は、決勝で#19 WedsSport ADVAN LC500を21周ドライブした。

 鈴鹿サーキットで行われた2017年スーパーGT第6戦鈴鹿1000km。2番グリッドからスタートした#19 WedsSport LC500は5位でフィニッシュ。初めてGT500に参戦した小林可夢偉も1スティントを担当した。

 #19 WedsSport LC500は2番手からスタート。関口雄飛、国本雄資の順でバトンを繋いでいき、2番手を走っていた56周目にピットイン。今回スポット参戦となった小林可夢偉がマシンに乗り込んだ。

 しかし、全体的にペースを上げることができず、#64 EPSON Modulo NSX-GTと#1 DENSO KOBELCO SARD LC500の先行を許し5番手へと後退。その後も後続からの猛追を抑えるレースとなってしまった。

 それでも大きなミスなく着実に周回を重ね、21周を走り終えたところでピットインした。後半の3スティントは関口と国本が交互に担当し、最終的に4位でチェッカーを受けた。

 レースを終えた小林は「いやぁ、遅かったですねぇ」と開口一番。

 やはり、事前のテストで思うように走り込めず、いろいろなシチュエーションで限界域まで攻めるのが難しかったようだ。

「まだまだ走り慣れていない部分があったので、(ピット作業後など)タイヤがグリップしないところで、自信を持って走れなかったのが響きました。全体的に良い感じにハマっていくことができなかったですね」

 そう小林は語る。

 しかし、混走に関しては、そこまで手こずることはなく、WECよりも簡単だったという。

「混走は全然問題なかったですが、GT300に引っかかるタイミングもあまり良くなかったです。WECの方が難しいなと思いました」

 当初は最終スティントも担当するかと思われたが、エースの関口が乗り込み可夢偉は1スティント21周のみの走行となった。次回は、しっかり走り込んでマシンのことを分かった上での、彼の全開アタックを期待したい。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

スーパーGT初レースを終えたバトン「タフな1日。でもただただ楽しかった」

鈴鹿1000km決勝GT500:終盤まさかのドラマ。EPSON NSX-GT10年ぶり優勝

可夢偉、”鈴鹿10時間”参戦表明?「スパのリベンジしたい」 

国内GT3マシンメーカー、ホンダ・トヨタ・日産も鈴鹿10hを"後押し"

小林可夢偉、”初テスト”完了「GT500は甘くない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.6 鈴鹿1000km
サブイベント 日曜日 決勝
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー 小林 可夢偉
記事タイプ 速報ニュース