【スーパーGT】富士テスト2日目:午前は降雪中止。午後も走行不可か?

スーパーGT富士合同テスト2日目午前のセッションは、3月末という時期にもかかわらず降雪のため中止された。

 富士スピードウェイで行われているスーパーGTの公式合同テスト。2日目のセッションは朝からの降雪により、午前9時30分から行われる予定だったセッション3が中止となった。

 現地では、昨夜遅くから雪が降り始め、早朝には富士スピードウェイはすっかり雪化粧。コースサイドのランオフエリアをはじめ観客エリアは真っ白。コースの視界も悪く気温も氷点下に迫るほどの寒さとなった。

 これにより、午前9時30分から行う予定だったセッション3は中止。当初は10時30分以降のセッションについては状況を見ての判断だったが、監督会議を行なった結果、テスト走行ができるコンディションではないため、そのまま中止が決まった。

 なお、現時点では午後のセッションについては、正式なアナウンスがされていないが、11時を過ぎても雪が降り続いている状態なため、今日の走行は厳しいものとみられる。

 ただ、この日も朝から多くのファンが来場しており、急きょ9時30分から12時00分までオープンピットを開催。ドライバーたちも集まってくれたファンにサインなどのファンサービス対応を実施した。またピットビル2階のクリスタルルームでドライバートークショーも開催されている。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

【スーパーGT】富士テスト初日:GT500はレクサス上位独占。36号車首位

【スーパーGT】富士テスト初日:GT300はFIA-GT3勢好調。3号車が首位

ホンダ山本部長に訊く”ホンダのモータースポーツ活動の役割”

”最強自動車決定戦”を目指す『鈴鹿10耐』:モビリティランド社長に訊く

鈴鹿1000kmは今年で最後。来年からは『鈴鹿10時間耐久』として再出発

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 富士公式合同テスト
サブイベント 日曜日
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース