【スーパーGT】復帰発表の無限「いつかは戻ってきたかった」

スーパーGT復帰を発表した無限。チームの手塚監督は「いつかGT500復帰できたらいいねと話していた」と語った。

 12月14日のツインリンクもてぎで、チーム無限のスーパーGT GT500クラスへの復帰が発表された。

 復帰についてチームの手塚長孝監督は「いつかは(GT)500に出てきたいねという想いはありました」と語った。

「ホンダさんの後押しもあって、このタイミングになりました。チャンスを掴むことができたと思います」

 また、彼らが使うタイヤがヨコハマタイヤだというのもビッグニュースのひとつであると言えよう。

「色々なタイヤメーカーさんの話もありました。今年(2016年)はNSXが全体的に落ち込んでいたという中、ヨコハマさんは2台で3回も勝った。期待と希望と、そしてチャレンジということで、ヨコハマタイヤさんが良いんじゃないかということで決めました」

 そう手塚監督は説明してくれた。

 また来季のチーム無限のマシンには、武藤英紀と中嶋大祐が乗ることも併せて発表された。

「(ドライバーについては)ホンダさんとウチで協議しました。無限としては久々の復帰ですが、CR-Zの最初の年(2012年)もこのコンビだった。当時の彼らと比べれば、知識と経験を豊富に蓄積している。そしてチームのことも知っています。なので、このふたりが最良なのではないかということで、決めさせてもらいました」

 体制発表の後、早速シェイクダウンテストが実施。前日から降った雨の影響でコースは完全にウエット、しかも気温が低いというコンディションの中、走行が始まった。この日走ったマシンには、すでに来季に向けたテストエンジンが搭載されているという。しかし早々にトラブルが発生し、午前中に行われた1時間の走行セッションでは、僅か3周するに留まった。

「来年用の、開発中のテストエンジンで走り始めました。トラブルが出ていますけど、今のウチに解決しておきたいですね。レーシングエンジンにトラブルが出るのは覚悟していますんで、そういう問題をひとつずつしっかりと直していければいいと思っています」

 なお、同じくこの日に体制を発表し、シェイクダウンを行ったNAKAJIMA RACINGのマシンも、午前中の走行セッション中にトラブルが発生し、コース上にストップするというシーンがあった。また、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTもテスト走行を行っている。

【関連ニュース】

スーパーGT ホンダ勢2チーム体制発表。チーム無限が復活

チーム無限復活。ホンダ体制発表:フォトギャラリー

武藤「来季に期待。中嶋とも良いコンビになりそう」

横浜ゴム、来季よりチーム無限にADVANを供給

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ホンダ 2017 SUPER GT参戦体制(2チーム)発表会
サブイベント 発表会
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー 中嶋 大祐 , 武藤 英紀
記事タイプ 速報ニュース