【スーパーGT】星野一義監督、サプライズの“古希”誕生日お祝い

チーム・インパルを率いる星野一義監督が7月1日、古希となる70歳の誕生日を迎え、関係者やファンの祝福を受けた。

 鈴鹿サーキットで行われたスーパーGTの公式合同テスト。その2日目が開催された7月1日は、#12 カルソニックIMPUL GT-Rを率いる星野一義監督のお誕生日。70歳で“古希”ということもあり、GTアソシエイションの坂東正明会長が花束を贈呈するなど、サプライズでの祝福を受けた。

 8月の鈴鹿1000kmを思わせるような夏の陽気となった鈴鹿公式合同テスト2日目。この日は午前と午後のセッションの合間に、オープンピットが行われ、多くのファンがピットレーンに足を運び、ドライバーからサインをもらったりマシンの写真を撮影など、賑わっていた。

 そんな中、チームインパルのピット前でファンサービスをしていた星野監督。するとピット出口にあるリーダータワーに『星野監督 お誕生日おめでとうございます」と表示。GTAの坂東会長が花束を渡すなど、そのままお祝いモードになった。

 もちろん、星野監督はこうなることを全く聞かされておらず、驚いた表情もみせていたが、周辺にいたファンが揃ってハッピーバースデーの歌で祝福すると、大きく手を振って声援に応えていた。

「(自分が古希ということについて)そういう感覚はなくて、気持ちはまだまだ若いですよ。こういう世界にいられてよかったなと思います」

「(今日のお祝いについては)全然知らなかった! これだけのファンの人にお祝いしてもらって、本当にみんなに感謝です。これからも僕はチームでいい走りを見せて、頑張りたいです」と終始、満面の笑みだった。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

星野一義、感激の”ホンダRC”初走行を語る「僕のホンダへの感謝デー」

【鈴鹿ファン感】星野一義”ホンダRC”初走行。念願ついに叶う!

【東京オートサロン】新旧IMPULドライバーが集まり”星野一義”を語る

【FSW50周年】長谷見&星野76年F1を語る「雨が続いていたら勝てた」

星野監督、関口に最大の賛辞「日本に置いておきたくない!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 鈴鹿公式テスト(6月30日〜7月1日)
サブイベント 2日目(7月1日)
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー 星野 一義
記事タイプ 速報ニュース