【スーパーGT】浜島監督、立川のPPアタックに「感激しました」

スーパーGT第2戦富士でPPを獲得したZENT CERUMO LC500。同チームの浜島監督は、特に立川祐路のパフォーマンスに感激したと語る。

 スーパーGT第2戦富士。ポールポジションを獲得したのは、#38 ZENT CERUMO LC500だった。

 今季から同チームの監督を務める浜島裕英氏は、ポールポジション獲得に開口一番「感激しています」と語った。

「立川(祐路)は衰えていないですね。やる時はやります。でも、失敗していたみたいなので、もう少し行けたと思います。石浦(宏明)には、プレッシャーがかかりますねぇ」

 そう語りつつも、浜島監督はふたりのドライバーに全幅の信頼を寄せる。

「我々のチームには、良いドライバーが揃ってますから、しっかりやらなきゃいけません。ちゃんとやれば、優勝できると思います。ピット作業など、しっかりやるのが重要だと思っております」

 決勝ではどんな戦略を思い描いているのか? 浜島監督に問うと次のように答えた。

「戦略なんかありません。行けるだけ行って、良い所でピットインするだけです。そういう堂々としたレースができたら良いですね」

 浜島監督は、昨年から総監督としてCERUMOに加入。今季からは監督になっているが、チーム加入以来、今回が初のポールポジション獲得となる。

「いつかは獲れるとは思っていましたけどね。でも、トヨタさんが良いクルマを用意してくれて、エンジニアとメカニックのみんなが、しっかりと組み上げた結果だと思います」

 2015年以来、久々に先頭のポジションからスタートする#38 ZENT CERUMO LC500。どんな戦いを見せるのであろうか?

【関連ニュース】

【スーパーGT】立川祐路「まだ500kmのうちの数mリードしただけ」

【スーパーGT】第2戦富士GT500予選:38号車立川が他を圧倒しPP獲得

【スーパーGT】6号車WAKO’S 、重いウェイトでも速さを発揮し3番手

【スーパーGT】苦戦のGT-R、”逆襲”を誓う。熱いファンの応援が後押し

【スーパーGT】立川「悔しいレースだった。富士は優勝を獲りに行く」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Round2 Fuji
サブイベント 水曜日 予選
サーキット 富士スピードウェイ
チーム セルモ
記事タイプ 速報ニュース