【スーパーGT】脇阪監督「決勝に向けて、予選で色々なトライをした」

第3戦オートポリスの決勝を6番グリッドからスタートする#6 WAKO’S 4CR LC500は、予選で決勝に向けて様々なトライをしていたようだ。

 開幕から2戦連続で2位を獲得している#6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)。燃料リストリクター制限を受けて臨むことになった第3戦だが、しっかりとQ2進出を果たし、安定したパフォーマンスを披露した。

 脇阪寿一監督によれば、陣営は予選においても、決勝に向けて様々なトライをしていたようだ。

 ポイントランキングトップの#37 KeePer TOM’S LC500に遅れをとった予選について、脇阪監督は次のように語った。

「今、レクサスの中で本当に細かい争いをしていて、ちょっとしたことで上に行ったり、前に行ったりということがあります。だけど(日曜午前のフリー走行がなくなり)決勝に向けての走行時間が少なくなる中で長いレースを考えて、予選では1個2個前よりも、決勝までに色んなことを試すということを優先させてもらいました。もちろん、何の当てもなく色んなことをやっているわけではなく、トライしながらの結果なので、自分としては予選まずまずのポジションにいるんじゃないのかなと思います」

 1ポイント差で#37 KeePer TOM’S LC500を追う#6 WAKO’S 4CR LC500。さらに、トップから3ポイント差という位置に#38 ZENT CERUMO LC500もつけている。この3台は、2戦目で早くも50ポイント以上獲得し、3戦目からウエイトハンデとして燃料リストリクターを搭載している。

 大接戦となっているレクサス同士のランキング争いについて、脇阪監督は「正直オートポリスは、37( KeePer TOM’S LC500)と38(ZENT CERUMO LC500)と高いレベルで”意地の張り合い”をしに僕らはここに来てるので、それに向けてちょっとでも良い材料を得るために予選を使いました」とコメント。

「結果的に負けましたけど、決勝にどれだけ有利なクルマ、大嶋とアンドレアが乗りやすいクルマを作るかが一番大切だと思います。この3台というのは今回ポイントを取って、次のレースでもう一段階燃料リストリクターを絞ることによってウエイトを減らしたいということを考えていると思います。ウエイトはタイヤに関しても負担がかかってくるし、レーシングカーにとってウエイトは少なければ少ないほど有利ですから」

 脇阪監督は、決勝に向けて予選でやったことをうまく合わせこみ、ミスなくこなすことが重要だと決勝への意気込みを語った。

「今年のスーパーGTを見ていて、どのチームも全部荒れているので、ましてや荒れやすいオートポリスできっちりミスなく走れれば、そこそこいいところにいけるんじゃないかと思います」

「予選で試したことから最善を選んで、明日の決勝の路面温度とコンディションとにどう合わせ込むかという、本当に細かいことをやっているんですよ」

【関連ニュース】

【スーパーGT】初ポールの山本尚貴「伊沢選手の助言で落ち着けた」

【スーパーGT】オートポリス予選GT500:100号車NSXが今季初ポール!

【スーパーGT】38号車と6号車、減速義務違反でQ2ベストタイム抹消

【スーパーGT】オートポリスFP:100号車NSXが頭ひとつ抜け出し首位

【スーパーGT】オートポリス髙野所長「ファンに楽しんで頂きたい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Round3 Autopolis
サーキット オートポリス
記事タイプ 速報ニュース