【スーパーGT】藤井誠暢「悔しい気持ちを引きずってきた。ようやく優勝できて嬉しい」

シェア
コメント
【スーパーGT】藤井誠暢「悔しい気持ちを引きずってきた。ようやく優勝できて嬉しい」
2016/11/12 10:21

もてぎレース1決勝のGT300クラスは、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSのライアン/藤井組が勝利した。

 もてぎレース1決勝のGT300クラスは、#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSのリチャード・ライアンと藤井誠暢のコンビが、初勝利を納めた。

 予選を2位で通過し、ピットストップのタイミングで前を走る#11 GAINER TANAX AMG GT3をクリアした。その後のレース終盤も首位を守りきり、チェッカーを受けた。

 第5戦富士ラウンドで#55 ARTA BMW M6 GT3に僅差で下され2位に留まった彼らは、その悔しさを胸に抱えながら戦ってきたという。

 悲願の初勝利の後、ふたりは次のようにコメントした。

リチャード・ライアン

「アウディはもてぎで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれました。ドライでは今週、走れていなかったのですが、うまく行きました。今回もタイヤのパフォーマンスも良かったですし、今シーズンを振り返っても、チーム力は少しずつ良くなってきていると感じています。その後、セーフティカーが入りましたが、集中力を途切れさせないように走りました。今回はタイヤについての戦略もうまく行きました」

藤井誠暢

「ようやく優勝することができて、本当にうれしいです。力を貸してくださった皆さんには感謝の気持ちで一杯です。アウディで勝ちたいと思って、戦ってきたのですが、表彰台には何度か登っているのですが、優勝することができない状況が続いていました。第5戦では優勝まで0.106秒の差で勝つことはできませんでした。悔しい思いを引きずったまま戦ってきました。チャンピオンシップ獲得を目指して、最終戦を戦って行きたいと考えています」

【関連ニュース】

【スーパーGT】もてぎレース1決勝(GT300):タイヤ無交換でつないだ21号車ライアン/藤井組が悲願の初優勝

【スーパーGT】もてぎ:レース1予選GT300クラス タイム結果

【スーパーGT】第3戦・最終戦もてぎ:金曜日フリー走行2回目タイム結果

スーパーGT第3戦・最終戦もてぎ:金曜日フリー走行1回目タイム結果

次の スーパーGT ニュース
【スーパーGT】もてぎレース1決勝(GT500): 迫り来る39号車を抑えきった24号車が今季2回目の優勝

前の記事

【スーパーGT】もてぎレース1決勝(GT500): 迫り来る39号車を抑えきった24号車が今季2回目の優勝

次の記事

【スーパーGT】佐々木大樹「一番の勝因は予選。用意したタイヤがうまくいった」

【スーパーGT】佐々木大樹「一番の勝因は予選。用意したタイヤがうまくいった」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース