【スーパーGT】鈴鹿ファン感で新型GT500の3車種のデモ走行決定

鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デーで、今季から導入されるスーパーGT GT500クラスの3車種4台のデモ走行が行われる。

 鈴鹿サーキットで3月4日(土)と5日(日)に行われる「2017モータースポーツファン感謝デー」で、今季から使用される新型のスーパーGT GT500クラスの3車種4台のデモ走行が行われることが決定した。

 シーズン開幕を前に、鈴鹿サーキットで毎年行われる「モータースポーツファン感謝デー」。国際レーシングコース上では様々なデモ走行が行われるが、今年から使われる新型のGT500クラスマシン3車種が、揃って走行することになった。

 レギュレーションの変更により、ダウンフォースが大きく削られている今年のGT500クラスマシン。今回走行が予定されているのは、LEXUS LC500がLEXUS TEAM SARD、Honda NSX-GTはAUTOBACS RACING TEAM AGURIとTEAM KUNIMITSU、そしてNissan GT-R NISMO GT500はTEAM IMPULの合計4台である。

 このデモ走行は3月4日(土)と5日(日)の両日共に行われるが、開催時間は未定となっている。

 このモータースポーツファン感謝デーは、鈴鹿サーキットのホームページでダウンロードできる招待券を持参すれば、無料で入場することができる。

 詳しくは鈴鹿サーキットのホームページ(http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/)まで。

【関連ニュース】

【スーパーGT】2017年型GT500車両、もてぎで3メーカー同時公開

マッサ「とても残念…」”鈴鹿ファン感謝デー”出演をキャンセル

【スーパーGT】ホンダ勢2チーム体制発表。チーム無限が復活

【スーパーGT】独占インタビュー:レクサスLC500「ダウンフォースが減った分、エンジンで補う」

【スーパーGT】松田次生「2017年マシンの方向性は見えている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース