【スーパーGT】鈴鹿公式テストに、バトン&可夢偉の参加が決定

第6戦鈴鹿1000kmに第3ドライバーとして参戦するジェンソン・バトンと小林可夢偉が、6/30〜7/1に行われるテストに参加することが決定した。

 8月27日に決勝が行われるスーパーGT第6戦「インターナショナル SUZUKA 1000km」に第3ドライバーとして参戦することが決まっているジェンソン・バトン(#16 MOTUL MUGEN NSX-GT)と小林可夢偉(#19 WedsSport ADVAN LC500)が、6月30日(金)・7月1日(土)に行われるスーパーGT公式テストに参加することがわかった。

 この公式テストは、鈴鹿1000kmの前売り観戦券を持っていれば無料で観覧可能。さらに、土曜日にはサーキットサファリやオープンピットなど、レース週末さながらにイベントも開催される。

 バトンは、先日に行われたタイヤメーカーテストでNSX-GTをテスト済み。テスト後には走り足りないとの感想を抱いていただけに、走行距離を重ねる絶好の機会になるだろう。ル・マン24時間に参戦し、驚異のタイムでポールポジションを獲得した可夢偉の走りを、ル・マン後に日本で見られる最初のチャンスでもある。

 走行スケジュールなど詳しくは、鈴鹿サーキットのページ(http://www.suzukacircuit.jp/supergt_s/special/06.html)を参照してほしい。

【関連ニュース】

2日間の鈴鹿テスト完了したバトン「まだ走り足りない」

テスト両日首位のNISMO。松田「方向性見えてきた」

武藤英紀「バトンの指摘は僕らと一緒。自信が深まる」

中嶋大祐、バトンの印象は「想像と違って気さく」

バトン、来季のプランに言及「レースをしたい。でも何か違うことを」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース