【スーパーGT】鈴鹿公式テスト2日目午前。接戦の中19号車関口が首位

スーパーGTの鈴鹿公式合同テスト2日目午前の走行が行われ、#19 WedsSport ADVAN LC500の関口雄飛がトップタイムを記録した。

 鈴鹿サーキットで行われているスーパーGTの公式合同テスト。2日目午前のセッションが行われ、#19 WedsSport ADVAN LC500がトップ。両クラスとも接戦のリザルトとなった。

 昨日は途中大雨に見舞われた鈴鹿サーキット。当初の天気予報では今日も雨になると言われていたが、一転して朝から太陽が顔を出し、ドライコンディションに。早朝から汗ばむほどの蒸し暑さとなった。

 また今日は土曜日ということもあり、朝から大勢のファンが来場。グランドスタンドをはじめ各コーナーは本番のレースと変わらないような賑わいをみせていた。

 午前8時30分にセッションが開始されると、各車一斉にコースイン。セッション中には路面温度も40度近くまで上昇し、ほぼ8月の鈴鹿1000kmと同じようなコンディションということで、多くのチームが積極的に周回を重ねた。

 その中でもGT500クラスは前日同様に#23 MOTUL AUTECH GT-Rが好調。午前のセッションは松田次生がメインでテストを担当し、いち早く1分48秒988をマークする。そこに#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(千代勝正)や#12 カルソニックIMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)も続き、開始1時間を迎える頃には日産GT-R勢がトップ3を独占していた。

 この勢いで、さらにタイムを伸ばしていきたかった陣営だが、1時間15分を迎えるところで、#12 カルソニックIMPUL GT-Rのマーデンボローがデグナーカーブでコースオフしクラッシュ。幸いマシンに大きなダメージはなく、ドライバーも自力でマシンを降りたが、安全確保のため赤旗中断となった。

 残り37分のところでセッションが再開されると、アグレッシブな走りを見せたのが#19 WedsSport ADVAN LC500の関口雄飛で、1分48秒975をマーク。松田が記録したタイムをわずか0.013秒上回り、トップタイムとなった。

 結局、上位陣の順位はこのまま変わらずセッションが終了。#19 WedsSport ADVAN LC500が昨日から絶好調だった日産勢を上回って午前の総合トップとなった。2番手には#23 MOTUL AUTECH GT-R、3番手には#12 カルソニックIMPUL GT-Rが入った。最初からドライコンディションだったということもあってか、#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R、#17 KEIHIN NSX-GTまでを含めた上位5台が0.5秒以内と上位陣が接近した結果となった。

#19 WedsSport ADVAN LC500に乗る小林可夢偉
#19 WedsSport ADVAN LC500に乗る小林可夢偉

Photo by: Shigenobu Yoshida

 注目のジェンソン・バトン(#16 MOTUL MUGEN NSX-GT)と小林可夢偉(#19WedsSport ADVAN LC500)はテストセッションでは走行せず、セッション直後に行われたサーキットサファリでマシンに乗り込んだ。特にTEAM無限は武藤英紀、中嶋大祐を含め、本番に向けてドライバー交替の練習に充てていた。

 GT300クラスは、初日にトップタイムだった#3 B-MAX NDDP GT-Rが走行後に発覚したトラブルにより2日目のテスト参加を急きょ見合わせることに。午前のセッションでは、#50 Ferrari 488 GT3が1分59秒636でトップタイムを記録している。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

スーパーGT鈴鹿公式テスト初日午後。逆襲への狼煙!? 23号車首位

スーパーGT鈴鹿テスト開始。雨模様初日午前は17号車NSXが首位

バトン36周走行「GT300のGT-Rを抜くのは難しい」

スーパーGTタイヤメーカーテスト両日首位のNISMO。松田「方向性見えてきた」

逆転の関口雄飛「チームに勝たせてもらったレース」/スーパーフォーミュラ岡山

【スーパーGT公式合同テスト2日目午前タイム結果】
1. #19 WedsSport ADVAN LC500 1'48''975
2. #23 MOTUL AUTECH GT-R 1'48''988
3. #12 カルソニック IMPUL GT-R 1'49''081
4. #46 S Road CRAFTSPORTS GT-R1 1'49''086
5. #17 KEIHIN NSX-GT 1'49''419
6. #8 ARTA NSX-GT 1'49''709
7. #6 WAKO'S 4CR LC500 1'49''729
8. #38 ZENT CERUMO LC500 1'50''319
9. #1 DENSO KOBELCO SARD LC500 1'50''367
10. #64 Epson Modulo NSX-GT 1'50''494
11. #37 KeePer TOM'S LC500 1'50''584
12. #24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R 1'50''747
13. #36 au TOM'S LC500 1'51''889
14. #16 MOTUL MUGEN NSX-GT 1'52''325
15. #100 RAYBRIG NSX-GT 1'53''040
16. #50 INGING & Arnage Racing 1'59''636
17. #88 マネパ ランボルギーニ GT3 1'59''888
18. #52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC 2'00''018
19. #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS 2'00''502
20. #31 TOYOTA PRIUS apr GT 2'00''613
21. #10 GAINER TANAX triple a GT-R 2'00''675
22. #4 グッドスマイル 初音ミク AMG 2'00''704
23. #11 GAINER TANAX AMG GT3 2'00''716
24. #26 TAISAN SARD R8 FUKUSHIMA 2'00''964
25. #9 GULF NAC PORSCHE 911 2'00''994
26. #60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 2'01''132
27. #51 JMS LMcorsa RC F GT3 2'01''163
28. #65 LEON CVSTOS AMG-GT 2'01''179
29. #55 ARTA BMW M6 GT3 2'01''422
30. #33 D'station Porsche 2'01''521
31. #25 VivaC 86 MC 2'01''598
32. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT 2'01''612
33. #360 RUNUP GT-R 2'01''663
34. #87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3 2'02''105
35. #7 Studie BMW M6 2'02''267
36. #18 UPGARAGE BANDOH 86 2'02''283
37. #117 EIcars BENTLEY GT3 2'02''485
38. #5 マッハ車検 MC86 GTNET 2'02''618
39. #30 TOYOTA PRIUS apr GT 2'02''775
40. #35 ARTO 86 MC 101 2'04''065
--. #3 B-MAX NDDP GT-R 出走せず

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 鈴鹿公式テスト(6月30日〜7月1日)
サブイベント 2日目(7月1日)
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー 関口 雄飛
記事タイプ 速報ニュース