【スーパーGT】鈴鹿途中経過:GT300トップ18号車にまさかのトラブル

第6戦鈴鹿1000km、GT300クラスのトップを快走していた#18 UPGARAGE BANDOH 86にまさかのトラブルが発生した。

 鈴鹿1000kmレースも半分以上を消化し、トップを快走していた#18 UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴/川端伸太朗)にまさかのトラブルが発生した。

 20秒以上のリードを保っていた#18 UPGARAGE BANDOH 86は、他車のクラッシュで発生した2回目のセーフティカー出動でそのリードが帳消しになってしまった。

 これでレースが仕切り直しかと思われたが、セーフティカー中に#18 UPGARAGE BANDOH 86がピットに飛び込んできた。なんと、最悪のタイミングでタイロッドのボルトが抜けてしまい、ステアリングが効かない状態となってしまったという。

 トップからは2周遅れになったばかりか、ペナルティを科せられるのは必至の状態。

 これで、GT300クラスはトップを走る#65 LEON CVSTOS AMGを、#25 VivaC 86 MCが追いかける一騎打ちの状態となった。

【関連ニュース】

鈴鹿1000km途中経過(GT300):18号車UPGARAGE首位

山下健太、”気持ちいい”アタックでPP。チームに感謝

鈴鹿予選GT300:VivaC、山下健太のコースレコードでポール

予選3番手の塚越広大「明日は与えられた仕事をこなすだけ」

鈴鹿予選GT500:J.P.オリベイラ、レコード更新でポール獲得

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.6 鈴鹿1000km
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース