【スーパーGT】鈴鹿:終盤まさかのドラマ。EPSON NSX-GT10年ぶり優勝

第6戦、波乱続きの鈴鹿1000kmは、#64EPSON NSX-GT(ベルトラン・バケット/松浦孝亮)が優勝を飾った。

 鈴鹿サーキットで行われた2017スーパーGT第6戦。最後の鈴鹿1000kmは最後まで波乱続きのレースとなり、#64EPSON NSX-GT(ベルトラン・バケット/松浦孝亮)が優勝を飾った。

途中経過:鈴鹿1000km決勝途中経過:ランキング上位陣に続々ハプニング、64号車首位

 レースも残り30周に差し掛かったところで、各車が最後のピットストップを敢行。4回目のピットストップで逆転した#64EPSON Modulo NSX-GTが146周を終えたところで最後のピットストップを行うが、その直後に2番手を走行し、優勝の可能性も非常に高かった#17KEIHIN NSX-GTの左リアタイヤがバースト。スプーンで大きくコースオフしクラッシュしてしまう。

 毎年、トップ争いをしてきた#17KEIHIN NSX-GTだが、今年も無念のリタイアに見舞われることになってしまった。

 これで一気に楽になった#64EPSON Modulo NSX-GT。最後はベテランの松浦孝亮が着実に周回を重ね、マシンをゴールまで運んでいく。2番手には#23MOTUL AUTECH GT-Rがペナルティから見事立ち直り、ポジションを回復した。

 そしてレース終盤、サーキットを盛り上げたのは3位争い。中盤のスティントで見事な追い上げを見せた#100RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴が150周目に4番手に上がると前を走る #1DENSO KOBELCO SARD LC500の平手晃平に接近。手に汗握るバトルを展開する。

 山本はペースが速い西ストレートから130Rで近づいて行き、何度もシケインで抜きにかかるが、平手も必死にブロック。2人のバトルは10周以上に及んだ。

 しかし、山本が粘り強く攻めた結果、残り10周を切ったところで平手がシケインでミス。そこを山本が見逃さず、次のメインストレートで3番手に浮上した。平手はトラブルがあったのか、終盤ペースダウンし6番手まで後退してしまうと、残り2周のところでデグナー2つ目でクラッシュしてしまう。

 後続でアクシデントが続発する波乱続きのレースとなったが、最後まで着実に、トップを守り続けた#64EPSON Modulo NSX-GT。173周を迎える前に最大延長時間を迎え、171周でトップチェッカー。チームとしては2007年最終戦以来となる10年ぶりの優勝を成し遂げた。

 2位には#23MOTUL AUTECH GT-Rが入り、ランキングトップへ浮上。3位には#100RAYBRIG NSX-GTが入った。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

鈴鹿1000km決勝途中経過:ランキング上位陣に続々ハプニング、64号車首位

鈴鹿1000km決勝途中経過:折り返しを過ぎ、17号車KEIHIN首位快走

バトン、トラフィック影響し予選9番手「Q2には行けたはず」

予選3番手の塚越広大「明日は与えられた仕事をこなすだけ」

鈴鹿予選GT500:J.P.オリベイラ、レコード更新でポール獲得

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.6 鈴鹿1000km
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース