【スーパーGT】鈴鹿GT300決勝:65号車LEON、作戦成功で大逆転優勝

第6戦、GT300クラスは#65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が最後の鈴鹿1000kmで優勝を飾った。

 スーパーGT第6戦、鈴鹿1000kmは、1周目にピットインするという作戦を成功させた#65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が大逆転で優勝を果たした。

 気温30度、路面温度47度と言う暑さの中で、伝統の鈴鹿1000km最後のレースがスタートした。

 大きな混乱なくレースの火蓋が落とされると、#25 VivaC 86 MC(山下健太)がホールショットを獲得。#18 UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴)、#5 マッハ車検 MC86 GTNET(坂口夏月)が続いた。#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一)が#4 グッドスマイル 初音ミク AMG(片岡龍也)を交わし4番手に浮上した。

 変則的な動きを見せたのは、#65 LEON CVSTOS AMG。1周目終わりでピットインし蒲生尚弥にステアリングを託すと、クリアなところで走行を重ねる作戦に出た。

 トップ3のマザーシャシー勢は先頭集団を形成。4番手以下をぐんぐん引き離していった。その中で先に動いたのは、3番手の#5 マッハ車検 MC86 GTNET。9周終わりで先にピットインしコースに復帰したが、#65 LEON CVSTOS AMGの先行を許した。

 #25 VivaC 86 MCはハイペースでレースを引っ張り、31周を走行しピットへ。しかし、この作業が1分以上かかってしまい、7番手まで後退、代わって#18 UPGARAGE BANDOH 86(川端伸太朗)がトップに浮上した。

 第2スティントで一気に追い上げた#65 LEON CVSTOS AMG(蒲生尚弥)がこの時点で2番手となったが、35周目に2度目のピットインを行った。

 追い上げたい#25 VivaC 86 MC(松井孝允)は、6番手の#4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝)に接近。タイトル争いの直接のライバルにプレッシャーをかけていったが、なかなかオーバーテイクできずにいた。

 すると、ここでアクシデント発生。#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一)が最終コーナーを立ち上がったところで#3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹)から追突を受けてしまい、コース上でマシンを止めてしまったため、セーフティカーが出動した。

 20秒以上のギャップを築いていた#18 UPGARAGE BANDOH 86のリードはこれで消滅した。セーフティカーが入る前に2回目のピット作業を行っていた#5 マッハ車検 MC86 GTNET、#65 LEON CVSTOS AMGは、セーフティカーで得をする形になった。

 レースが再開すると、#4 グッドスマイル 初音ミク AMGがピットイン。前が開けた#25 VivaC 86 MCは、ハイペースで追い上げを開始した。

 上位勢が2回目のピットストップを終え、トップは#5 マッハ車検 MC86 GTNET(坂口夏月)に。2番手は13秒後方の#65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹)、3番手は48秒差の#18 UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴)となった。

 その中山のペースが良く、トップとのギャップを削っていった。すると、#5 マッハ車検 MC86 GTNETにはトラブルが発生したようで、無念のガレージインとなった。

 #65 LEON CVSTOS AMGは第3スティントで36周走行し、70周目にピットイン。#18 UPGARAGE BANDOH 86も71周目にピットに入ると、タイヤ無交換でコースに復帰し、これで実質トップを奪還した。

トップ快走の18号車にまさかのトラブル

 再び20秒以上のギャップを築いた#18 UPGARAGE BANDOH 86にはまたしても悪夢が。88周目に130Rで#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀)がクラッシュしセーフティカーが出動。これでリードが帳消しになっただけでなく、タイロッドが抜けるというトラブルが同時に発生してしまいガレージで修復作業にあたったため、周回遅れになり優勝争いからは完全に脱落となった。

 レースが94周目に再開となると、104周終わりまでに#65 LEON CVSTOS AMG(蒲生尚弥)が11秒以上のギャップを築き、ピットインを行った。その翌周、#25 VivaC 86 MCはタイヤ無交換作戦を敢行。短い作業時間でピットアウトしたことで、トップに返り咲いた。

 #65 LEON CVSTOS AMGはその差をなかなか詰めていくことができず、その差は15秒ほど開いたまま。

 一方で、終盤に白熱してきたのは3番手争い。#88 マネパ ランボルギーニ GT3(織戸学)、#87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3(元嶋佑弥)、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹)、#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)の4台での争いの中で、元嶋が抜け出し4番手以下に5秒の差をつけた。

 #25 VivaC 86 MCが127周目に最後のピットストップを消化。#65 LEON CVSTOS AMGは132周目にピットストップを行うが、タイヤは4輪交換で実質2番手のままとなった。

 しかし、ただでは終わらないのが鈴鹿1000km。トップ争いのギャップが、残り10周あまりとなって一気に接近してきた。レース時間が残り20分を切り、#25 VivaC 86 MCのテールに#65 LEON CVSTOS AMGが張り付くと、150周目の1コーナーでオーバーテイクし、トップに立った。

 レース残り5分を切り、そのままレースが終わるかと思われたが、なんと逆バンクコーナーで#25 VivaC 86 MCがクラッシュ。完全にひっくり返った状態でタイヤバリアに突き刺さってしまった。なお、ドライバーの松井は無事にマシンから救出されている。

 結局、そのまま#65 LEON CVSTOS AMGがトップでチェッカーを受けた。2位には、#87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3とのランボルギーニ同士のバトルを、最終スティントで逆転した#88 マネパ ランボルギーニ GT3が入り、#87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3との2-3位フィニッシュを飾った。

 ポイントリーダーだった#4 グッドスマイル 初音ミク AMGは、最終盤にパンクに見舞われるなどノーポイントでフィニッシュ。この結果、なんとポイントリーダーには2ポイント差で#65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が浮上した。

【関連ニュース】

鈴鹿1000km決勝GT500:終盤まさかのドラマ。EPSON NSX-GT10年ぶり優勝

鈴鹿1000km決勝GT500:折り返しを過ぎ、17号車KEIHIN首位快走

鈴鹿1000km:GT300トップの18号車UPGARAGEにまさかのトラブル発生

鈴鹿1000km決勝GT300:折り返し時点で18号車UPGARAGE首位

鈴鹿予選GT300:VivaC、山下健太のコースレコードでポール獲得

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.6 鈴鹿1000km
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース