スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

【スーパーGT】36号車au TOM'S LC500のカラーリング発表

シェア
コメント
【スーパーGT】36号車au TOM'S LC500のカラーリング発表
2017/03/15 1:02

スーパーGTに参戦する36号車au TOM'S LC500の2017年仕様カラーリングが発表された。

LEXUS TEAM au TOM’S 2017年カラーリング
LEXUS TEAM au TOM’S 2017年カラーリング
LEXUS TEAM au TOM’S 2017年カラーリング
LEXUS TEAM au TOM’S 2017年カラーリング

 トムスは、2017年シーズンを戦う36号車「au TOM'S LC500」のマシンカラーリングを発表した。

 2017年、スーパーGTのGT500クラスは、レギュレーションが一新され、参戦する3メーカー共に新型マシンを投入。レクサス勢はニューマシンLC500を走らせる。

 今季の36号車 au TOM'S LC500は、3年ぶりにスーパーGT復帰を果たす中嶋一貴とジェームス・ロシターのコンビでシーズンを戦う。チーム監督は昨年までドライバーを務めていた伊藤大輔が務める。なお、中嶋がWEC(世界耐久選手権)に参戦するため欠場となる富士ラウンドについては、伊藤がドライブを担当することになっている。

 そのau TOM'S LC500のカラーリングは、昨年からのキープコンセプト。メインスポンサーを務めるauのコーポレートカラーであるオレンジ色を前面に押し出している。

 同日、auも”SUPER GT「LEXUS TEAM au TOM’S」、2017年シーズンのカラーリングについて”というリリースを発表。「2017年シーズンは、新型マシンLEXUS LC500のワイド化されたダイナミックかつ、エレガントなデザインを活かして、auカラーであるオレンジの配色比率を最大化したアグレッシブなカラーリングです」と説明した。

【関連ニュース】

 【スーパーGT】前評判高いLC500。開発コンセプトは「リサーチ重視」

【スーパーGT】平手&安田、2017年の”ブリヂストンタイヤ”を語る

鈴鹿1000kmは今年で最後。来年からは『鈴鹿10時間耐久』として再出発

【スーパーGT】2017年スーパーGTエントリーリスト発表。全45台が出走

【スーパーGT】独占インタビュー:レクサスLC500「ダウンフォースが減った分、エンジンで補う」

次の記事
【スーパーGT】前評判高いLC500。開発コンセプトは「リサーチ重視」

前の記事

【スーパーGT】前評判高いLC500。開発コンセプトは「リサーチ重視」

次の記事

”最強自動車決定戦”を目指す『鈴鹿10耐』:モビリティランド社長に訊く

”最強自動車決定戦”を目指す『鈴鹿10耐』:モビリティランド社長に訊く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント LEXUS TEAM au TOM’S 2017年カラーリング発表