【スーパーGT】38号車と6号車、減速義務違反でQ2ベストタイム抹消

スーパーGT第3戦オートポリスの予選で、4番手となっていた#38 ZENT CERUMO LC500は、ベストタイムの抹消を受け、8番手から決勝に臨む。

 スーパーGT第3戦オートポリスの予選で4番グリッドを獲得していた#38 ZENT CERUMO LC500だが、減速義務違反によりベストタイムが抹消された結果、8番手からスタートすることになってしまった。

 予選Q2終盤、各車がアタックしているタイミングで#36 au TOM’S LC500の中嶋一貴がコースオフ。赤旗によりセッション中断にはならなかったものの、コースの該当箇所で黄旗が振られていた。

 #38 ZENT CERUMO LC500と#6 WAKO’S 4CR LC500は黄旗区間での減速が十分だとみなされなかったため、予選Q2のベストタイムが抹消されてしまった。

 この結果、#38 ZENT CERUMO LC500は予選Q2最下位の予選8番グリッドからスタートすることになった。一方で、#6 WAKO’S 4CR LC500は6番手スタートとなり、結果的にグリッドをひとつ得する形となった。

【関連ニュース】

【スーパーGT】オートポリス予選GT500:100号車NSXが今季初ポール!

【スーパーGT】オートポリスFP:100号車NSXが頭ひとつ抜け出し首位

【スーパーGT】オートポリス髙野所長「ファンに楽しんで頂きたい」

【スーパーGT】ホンダNSX「”乗りやすいクルマ”の追求を目指す」

【スーパーGT】優勝の38号車、立川祐路「次戦のオートポリスも得意」

スーパーGT第3戦オートポリスGT500クラス 予選結果
1. #100 RAYBRIG NSX-GT/1'33''740
2. #46 S Road CRAFTSPORTS GT-R/1'34''331
3. #1 DENSO KOBELCO SARD LC500/1'34''749
5. #16 MOTUL MUGEN NSX-GT/1'34''858
6. #37 KeePer TOM'S LC500/1'35''025
7. #6 WAKO’S 4CR LC500/1'35''675 ※ベストタイム(1'35''543)抹消
8. #36 au TOM’S LC500/1'37''949
4. #38 ZENT CERUMO LC500/1'40''207 ※ベストタイム(1'34''841)抹消
--以上、予選Q2により決定--
9. #12 カルソニック IMPUL GT-R/1'35''675
10. #19 WedsSport ADVAN LC500/1'36''025
11. #23 MOTUL AUTECH GT-R/1'36''296
12. #64 Epson Modulo NSX-GT/1'36''737
13. #24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R/1'36''820
14. #8 ARTA NSX-GT/1'36''961
15. #17 KEIHIN NSX-GT/1'44''816

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース