【スーパーGT】38号車正式カラー。新CM「遊べ、もっと。」にリンク

LEXUS TEAM ZENT CERUMOが、2017年を戦う#38 ZENT CERUMO LC500の正式なカラーリングを発表した。

 オフシーズンテストを暫定カラーリングで走ってきたLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、今季のスーパーGT開幕を3日後に控えた4月5日、今年1年を戦うマシンの正式なカラーリングを発表した。

 LEXUS TEAM ZENT CERUMOが走らせる新型マシンLC500には、チームのメインスポンサーであるZENTが展開するキャンペーン「遊べ、もっと。」にリンクしたイメージと、ボディラインを活かしたデザインを盛り込んだカラーリングが施されたという。

 ZENTは4月1日から、ビートたけしをイメージキャラクターに採用した新CMを展開している。この新CMは、ビートたけしが”大量の絵の具と戯れる”という内容になっており、LC500にもその”絵の具”をモチーフにした様々な”色”が入れられている。メインカラーは昨年同様”赤”だが、これまでとは一線を画すイメージになったと言えよう。リヤウイングには「遊べ、もっと。」の標語が大きく入れられている。

 デザインを担当した田嶋孝光氏は、「LC500の美しいボディデザインに合わせて後方へストレートに駆け上がっていく綺麗なラインを意識しました」と語っている。

 なお今シーズンから、LEXUS TEAM ZENT CERUMOは浜島裕英氏が監督に就任した。浜島新監督は「複数回勝ちたいと思います。2回以上勝たなければ、チャンピオンにはなれません。去年は1回勝ったのに、LEXUS勢の中で5位(6台中)に終わってしまいました。なのでまずは早めに1勝したいと思います」と、今季の抱負について語っている。

 新たなカラーリングをまとった#38 ZENT CERUMO LC500は、今週末に岡山国際サーキットで行われるスーパーGT開幕戦で初戦を迎える。

【関連ニュース】

【スーパーGT】富士テスト初日:GT500はレクサス上位独占。36号車首位

【スーパーGT】ZENT CERUMOが体制発表。暫定カラーリングも公開

【スーパーGT】前評判高いLC500。開発コンセプトは「リサーチ重視」

【スーパーGT】レクサスLC500「ダウンフォースが減った分、エンジンで補う」

【スーパーGT】2017年スーパーGTエントリーリスト発表。全45台が出走

 

#38 ZENT CERUMO LC500
#38 ZENT CERUMO LC500テスト暫定カラーリング

Photo by: Shigenobu Yoshida

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
ドライバー 石浦 宏明 , 立川 祐路
チーム セルモ
記事タイプ 速報ニュース