【スーパーGT etc】日産/ニスモが2017年モータースポーツ活動を発表

日産/ニスモが2017年もモータースポーツ活動計画を発表。スーパーGTのGT500クラスに4台、GT300クラスに1台を走らせる。

 日産/ニスモが、2017年のモータースポーツ活動を発表した。

 まずスーパーGTのGT500クラスは、23号車NISMO、12号車TEAM IMPUL、24号車KONDO Racing、46号車MOLAの4台をエントリー。23号車と46号車のラインアップは昨年から継続されるが、IMPULにはジョアオ-パオロ・オリベイラに代わってヤン・マーデンボローが加入。オリベイラはKONDO Racingに加入し、佐々木大樹とコンビを組む。使用するタイヤはNISMOとMOLAがミシュラン、IMPULがブリヂストン、KONDO Racingがヨコハマと、昨年と同じ布陣だ。

 なおNISMOは今年から、BBSのホイールを採用するようで、この日公開されたマシンのカラーリングイメージにも、BBSのロゴを確認することができる。

 スーパーフォーミュラではホンダの支援を受けることになったB-Maxだが、ニッサンとのNDDPのプロジェクトは継続。GT300と全日本F3にエントリーしている。GT300クラスの#3 B-MAX NDDP GT-Rには、星野一樹と高星明誠というコンビが搭乗。全日本F3は1台体制となり、高星が乗り込む。

 ニスモの片桐隆夫CEOは、今回の発表に際し、次のように語った。

「今年はSUPER GTのGT500クラスに17年仕様のGT-R NISMOをベースとした新型車で参戦します。なんとしてもシリーズチャンピオンを奪還するという固い決意で、クルマ、組織、体制といったあらゆるものを見直し、これまで以上の準備を行っています。チーム体制も4チームそれぞれがタイトルを狙える強力な布陣としました。今年も全力で戦いますので、ファンの皆様にはこれまで同様の熱い応援をお願いいたします」

「また、今年はグローバルなカスタマーレーシングプログラムを強化していきます。世界各国で戦うNissan GT-R NISMO GT3の技術支援と並行して、Nissan GT-R NISMO GT3エボルーション車の開発にも取り組みます。欧州メーカーや新たに投入されてくるライバル勢など、数あるGT3車両の中からGT-Rを選んでいただけるよう、戦闘力の高い車両といたしますので、こちらもご期待ください」

「そして、エンジンサプライプログラムも拡大してまいります。デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)や、世界耐久選手権(WEC)のLM P1 (プライベーター)、LM P3各シリーズ等、世界各地の著名なレースで各チームが好成績をあげられるよう、戦闘力の高いレーシングエンジンとLM P2で培った技術支援を提供していきたいと考えています」

「NISMOブランドにとっては、多くのお客様に手軽にモータースポーツを参加・体験していただくことも我々の大事な使命と考えております。その取り組みの一環として、NISMOロードカーのラインアップの拡充やドライビングエクスペリエンスの場の提供などにも積極的に取り組みます。モータースポーツを通した様々なわくわくを皆様にお届けしてまいります」

 各カテゴリーの参戦体制詳細は以下の通りだ。

■スーパーGT GT500クラス
#23NISMO 監督:鈴木豊 ドライバー:松田次生/ロニー・クインタレッリ タイヤ:ミシュラン
#12TEAM IMPUL 監督:星野一義 ドライバー:安田裕信/ヤン・マーデンボロー タイヤ:ブリヂストン
#24KONDO Racing 監督:近藤真彦 ドライバー:佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ タイヤ:ヨコハマ
#46MOLA 監督:大駅俊臣 ドライバー:本山哲/千代勝正 タイヤ:ミシュラン

■カスタマーレーシング - GT3 プログラム
- ブランパンGTシリーズ エンデュアランスカップ
Team RJN NISSAN 監督:ボブ・ネヴィル ドライバー:千代勝正/アレックス・バンコム/ルーカス・オルドネス タイヤ:ピレリ

- SUPER GT GT300クラス
#3NDDP RACING 監督:長谷見昌弘 ドライバー:星野一樹/高星明誠 タイヤ:ヨコハマ

- スーパー耐久シリーズ ST-Xクラス
#1KONDO Racing 監督:近藤真彦 ドライバー:藤井誠暢/TBA

■カスタマーレーシング - エンジンサプライプログラム
- IMSA デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)
DPi車両向けのGT3仕様をベースとしたVR38エンジンを、米国フロリダを本拠地とするエクストリーム・スピード・モータースポーツ(ESM)に供給し、技術支援を行う。ESMは、2017 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に2台で参戦。

- FIA 世界耐久選手権(WEC) LMP1
V6ターボ3.0リッターエンジン(VRX30A evo.)を新たにドイツをベースとするプライベートチームのバイコレスレーシングチームに供給し、技術支援を行う。

- LM P3 各シリーズ
日産/ニスモは、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズやミシュラン・ル・マン・カップ、アジアン・ル・マン・シリーズ等に参戦するチームに、3年間で111基供給した実績のあるVK50エンジンを供給し、さらに技術支援を行います。LM P3クラスの人気は今年も拡大し、グリッド上での日産の存在は大きなものとなるでしょう。

■ドライバー育成
- 全日本F3選手権
#23B-MAX Racing 監督:宮田雅史 ドライバー:高星明誠

■その他
- オーストラリア: スーパーカーズ選手権

 なお日産/ニスモは、2月19日(日)の13時から、「モータースポーツ活動計画発表会&特別イベント」を、横浜の日産グローバル本社ギャラリーで開催予定。当日はGT500クラス用マシンNissan GT-R Nismo GT500(2017年仕様)や、GT300クラスに参戦するNissan GT-R Nismo GT3(2017年仕様)などが展示される予定だ。

【関連ニュース】

【NISMO Fes】松田次生「2017年マシンの方向性は見えている」

【スーパーGT】ホンダ2017年参戦体制発表「今年は何としても勝つ」

TOYOTA GAZOO RACING 2017年モータースポーツ参戦体制発表

【スーパーGT】鈴鹿ファン感で新型GT500の3車種のデモ走行決定

【スーパーGT】1号車の3連覇を絶った39号車コバライネン/平手組がポールトゥウィン!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT , Supercars , Blancpain Endurance , 全日本F3 , スーパー耐久
記事タイプ 速報ニュース