【スーパーGT】GSR片岡「出し切った2位。決勝のペースは自信がある」

開幕戦の予選Q1をトップで通過した4号車は、Q2では赤旗のタイミングに泣かされポールポジションには届かなかったものの、決勝には自信を持っている。

 スーパーGT開幕戦岡山のGT300クラス予選、片岡龍也が駆る#4 グッドスマイル 初音ミク AMGがトップでQ1を通過した。Q2も谷口信輝がポールポジションを狙いにいったものの、アタックに入るタイミングで#30 TOYOTA PRIUS apr GTが激しくクラッシュ。赤旗が掲示されてしまった。

 セッション再開後、2度のアタックを行った谷口は、赤旗の前にアタックを決めた#65 LEON CVSTOS AMGのタイムに0.122秒届かず、2番グリッドとなった。

 予選後、片岡に話を聞くと悔しい表情をにじませながらも、決勝に向けてマシンの仕上がりには自信を持っているようだ。

「予選Q1トップで通過して、Q2も十分ポールポジションを狙えるつもりだったんだけど、想定以上に65号車が速かったです。でも谷口さんも想定タイムより速かったから、そういう意味では出し切った2位」と片岡は語った。

「久しぶりに面白い、戦える(グリッド)位置だし、レースラップに関しては自信を持っています。ずっと長く走れるんで、レースは大丈夫だと思っています。65号車がどのくらいロングラン強いか次第だけど、自分たちは自信あるんで、今日負けた分決勝で頑張ります」

 昨シーズンは赤旗やセーフティカーに苦しめられたと、参戦体制の場で語っていたグッドスマイル・レーシング。2017年シーズンの開幕戦でまたしても赤旗に泣かされてしまった。

「Q2は赤旗がなかったらポールポジションを取れたと思うので、また邪魔されたことは間違いないけど、本番は決勝なんで。決勝でまた頑張ります」と、片岡は決勝への意気込みを語ってくれた。

【関連ニュース】

【スーパーGT】岡山予選GT300:赤旗で明暗。LEON AMGポール獲得

【スーパーGT岡山】初ポールの蒲生「冬からのテストが実ってよかった」

【スーパーGT岡山】フリー走行:レクサストップ4独占。38号車首位

【スーパーGT】”王者”として開幕に挑む山下「ドライならぶっちぎる!」

【スーパーGT】GSRマシンカラーリング発表。熟成を迎えタイトル獲得へ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Round1 Okayama
サブイベント 土曜日 予選
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー 谷口 信輝 , 片岡 龍也
チーム GoodSmile Racing & Team Ukyo
記事タイプ 速報ニュース