トヨタ、今季のGT300ラインアップを発表。平手晃平はプリウス31号車に

トヨタは2018年のスーパーGT GT300クラスに合計5台のマシンをエントリー。プリウスが2台、RC F GT3が3台、シーズンに挑むことになる。

 トヨタ自動車は8日、2018年シーズンのTOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツ活動を発表。その中で、今季のスーパーGT GT300クラスに、2台のプリウスGTと3台のレクサスRC F GT3を走らせることを明らかにした。

 プリウスを走らせるのは、昨シーズンに続きapr。TOYOTA PRIUS apr GTとして、30号車と31号車を出走させる。

 30号車は永井宏明と佐々木孝太のコンビ。タイヤはヨコハマである。31号車は嵯峨宏紀が残留し、チームメイトには平手晃平を迎えることになった。31号車のタイヤはブリヂストンである。

 一方、レクサスRC F GT3を使う3チームは、LM corsaの60号車、すでに東京オートサロンの会場で発表されたK-tunes Racing LM corsaの96号車、そしてアット パンサー チーム タイランドの35号車が新たにラインアップに加わった。

 60号車は吉本大樹が昨年に引き続きドライブし、チームメイトには宮田莉朋が新加入。タイヤはヨコハマである。

 35号車はナタウッド・ジャルーンスルカワッタナとナタポン・ホートンカムの昨年マザーシャシーを走らせたコンビ。タイヤはヨコハマと発表されている。

 96号車は、既報の通り新田守男と中山雄一のコンビで、ブリヂストンタイヤを履く。

 この他、レクサスRC F GT3は、今季スーパー耐久にも初登場。マックスレーシングが走らせることになった。

【2018スーパーGT(GT300)トヨタ勢ドライバーラインナップ】

#30 TOYOTA PRIUS apr GT (タイヤ:ヨコハマ)
永井宏明/佐々木孝太

#31 TOYOTA PRIUS apr GT(タイヤ:ブリヂストン)
嵯峨宏紀/平手晃平

#35 arto RC F GT3(タイヤ:ヨコハマ)
ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ/ナタポン・ホートンカム

#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(タイヤ:ヨコハマ)
吉本大樹/宮田莉朋

#96 K-tunes RC F GT3
新田守男/中山雄一

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース