ナカジマレーシングがイメージ一新! 最終戦限定のカラーリングで登場

#64 Epson Modulo NSX-GTは、2017年シーズンの最終戦もてぎに限定カラーリングで臨むことが明らかになった。

ナカジマレーシングがイメージ一新! 最終戦限定のカラーリングで登場

 11月11・12日にツインリンクもてぎで開催される2017スーパーGT最終戦に参戦するNAKAJIMA RACINGは、これまでのイメージとは全く異なる黒と赤を基調したカラーリングで参戦することを発表した。

 日本人初のF1フル参戦ドライバーとして知られる中嶋悟氏がチーム総監督を務めるNAKAJIMA RACING。最近では現役時代から中嶋悟総監督を支援しているEPSONがメインスポンサーを務め、カラーリングはシーズンオフ中に一般公募でデザイン案を募集。その中の最優秀作品が、実際にシーズン中のカラーリングとして採用され、最近では白がベースに青とシルバーのラインが入ったものが多い。

 今回は2017年9月から発売されているエプソンのアナログウオッチ新ブランド「TRUME(トゥルーム)」が大きく描かれたカラーリングに変更。これまでとは異なり、黒ベースとしたデザインに赤いラインが入るという斬新なものに仕上がっている。

 フロントボンネットとルーフ部分には「TRUME」の時計デザインが描かれ、両ドアとリアウイングには「TRUME」のロゴが入っているのが印象的。もちろん、このデザインはこの1戦のみの限定仕様とのことだ。

 8月の第6戦鈴鹿1000kmではチーム10年ぶりの優勝を飾ったNAKAJIMA RACING。第7戦タイでも入賞しており、今回のもてぎでも上位に食い込んで来そうな存在としてライバルも警戒している。最終戦は、一体どんな活躍を見せてくれるのか、目が離せない。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

シェア
コメント
スーパーGT最終戦にて、戦闘機「F-2」の歓迎フライトが決定

前の記事

スーパーGT最終戦にて、戦闘機「F-2」の歓迎フライトが決定

次の記事

2017年スーパーGT王者は誰だ?:GT500編「逃げ切りか? 逆転か?」

2017年スーパーGT王者は誰だ?:GT500編「逃げ切りか? 逆転か?」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント Rd.8 ツインリンクもてぎ
ロケーション ツインリンクもてぎ