ホンダNSX GT3参戦チーム発表会開催。CARGUYはカラーリングを披露

ホンダウエルカムプラザ青山で2018年スーパーGT GT300クラスに参戦するNSX GT3使用チームの発表会が行われた。

 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、2018年のスーパーGT300クラスにエントリーするNSX GT3参戦チームの発表会が行われ、CARGUY RacingとModulo Drago CORSEのメンバーが登場。今シーズンに向けての意気込みを語った。

 ホンダは、今季からNSX GT3を各カスタマーに提供しスーパーGT300クラスへの参戦もサポート。すでにCARGUY RacingとModulo Drago CORSEが参戦を表明し、それぞれ富士スピードウェイでシェイクダウンも終えている。

 会場には、土曜日ということもあって多くのファンが集まり、開演時には立ち見も出るほど。まずはホンダの山本雅史モータースポーツ部長がNSX GT3開発の経緯や、これまでの実績を紹介。続いてCARGUY Racingの横溝直輝、木村武史、ケイ・コッツォリーノ監督、さらにModulo Drago CORSEの道上龍、大津弘樹、チョン・ヨンフン監督が登壇し、それぞれ先月行ったシェイクダウンの様子や、NSX GT3への想いを語った。

 今季、チームとしてもスーパーGT初挑戦となるCARGUY Racing。チーム代表でありドライバーでもある木村は、「NSXのカッコよさに惚れて、GT300参戦の前に購入することを決断した」とマシン購入時のエピソードを披露。スーパーGTでは2012年にチャンピオンを獲得した横溝は、同カテゴリーでの参戦経験も非常に長いが、ホンダ車での参戦は初めて。「この場で参戦発表の挨拶ができるなんて、夢にも思っていませんでした」と、感想を語った。

 一方、Modulo Drago CORSEの道上は、昨年WTCCで活躍していた他、以前はNSX-GTでGT500クラスを戦っていたエースドライバーの一人であるため、集まったファンからの注目も大きかった。そのチームメイトとなる大津は、国内最高峰クラスのレース参戦は初めて。終始緊張している様子が印象的だった。

発表されたCARGUYのNSX-GT3のカラーリングCARGUY NSX-GT3のカラーリング

Photo by: Tomohiro Yoshita

 イベントではトークショーのほかに、サイン入りグッズが当たるプレゼント抽選会も開催。さらに今回はサプライズとしてCARGUY Racingが参戦カラーリングのイラストを公開。カーナンバーはチームが他のカテゴリーでも使用している777番で、蛍光イエローのデザインになるという。一方Modulo Drago CORSEは実車にカラーリングを施した状態で、2月15日に発表することを明かした。

 トークショーでは、NSX GT3のファーストインプレッションも話題になり、両チームのドライバー/監督ともに「出来が良いマシン」と絶賛。これから公式合同テストなどで、ライバルたちと比べてどのようなパフォーマンスを披露するのか? 注目がさらに集まりそうだ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 ホンダNSX GT3参戦チーム発表会
記事タイプ 速報ニュース