レクサス2018年GT500体制発表。ローゼンクヴィスト、小林可夢偉加入

トヨタは、レクサスの2018スーパーGT GT500クラスのドライバーラインアップを発表。ローゼンクヴィスト、小林可夢偉、山下健太のデビューが決まった。

 トヨタ自動車株式会社は2月8日、2018年のモータースポーツ参戦体制を発表。注目のスーパーGT500クラスは、当初の噂通り大シャッフルのラインナップとなった。

 昨年シリーズチャンピオンを獲得した#1Keeper TOM’S LC500は、今年も平川亮/ニック・キャシディのコンビで連覇を狙う。#38ZENT CERUMO LC500も昨年と変わらず立川祐路/石浦宏明での参戦。体制に変更がないのはこの2チームのみで、残る4チームはドライバーの入れ替えなど大幅なラインナップ変更となった。

 脇阪寿一監督率いる#6WAKO’S 4CR LC500は、大嶋和也のチームメイトとしてフェリックス・ローゼンクヴィストが加入。昨年はスーパーフォーミュラでランキング3位に入った他、現在はフォーミュラEでも大活躍を見せている。様々なカテゴリーで培われてきた引き出しの多いドライビングが、GT500でどう生かされるのか? 注目が集まるところだ。

 #19Wedssport ADVAN LC500は国本雄資が残留し、新たに山下健太がGT300クラスからステップアップ。昨年は#25VivaC 86 MCで驚異的な速さを見せており、今季のGT500ステップアップも早い段階から噂されていた。それだけに、開幕戦からどんな走りをみせるのか期待が高まる。

 トムス勢のもう1台、#36au TOM’S LC500は中嶋一貴と関口雄飛のコンビ。安定感のある中嶋と、要所要所でみせるアグレッシブなドライビングに定評のある関口がコンビを組むということで、今季の台風の目となりそうだ。

 そして#39DENSO KOBELCO SARD LC500にはスーパーGT4年目となるヘイキ・コバライネンに加え、小林可夢偉のレギュラー参戦が決定。昨年は鈴鹿1000kmにスポット参戦した小林が、GT500本格参戦を果たす。コバライネンとの元F1ドライバーコンビということもあり、注目を集めそうだ。

 結果的に参戦する6台中4台がドライバー体制を変更する大シャッフルとなったレクサス勢。特に新加入する3人とも注目度が高いドライバーだけに、開幕戦からどんな走りを披露するのか目が離せない。

【2018スーパーGT(GT500)レクサス勢ドライバーラインナップ】
#1Keeper TOM’S LC500(タイヤ:ブリヂストン)
平川亮/ニック・キャシディ
#6WAKO’S 4CR LC500(タイヤ:ブリヂストン)
大嶋和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト
#19WedsSport ADVAN LC500(タイヤ:ヨコハマ)
国本雄資/山下健太
#36au TOM’S LC500(タイヤ:ブリヂストン)
中嶋一貴/関口雄飛
#38ZENT CERUMO LC500(タイヤ:ブリヂストン)
立川祐路/石浦宏明
#39DENSO KOBELCO SARD LC500(タイヤ:ブリヂストン)
ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース