レッドブルカラーのGTマシン公開。「翼をさずかった」TOM'S 37号車

シェア
コメント
レッドブルカラーのGTマシン公開。「翼をさずかった」TOM'S 37号車
2017/03/16 9:42

今季のスーパーGTに参戦する、”レッドブルカラー”に塗られたTOM'Sの37号車のカラーリングが公開された。

#37 KeePer TOM'S LC500 2017年カラーリング
#37 KeePer TOM'S LC500 2017年カラーリング
#37 KeePer TOM'S LC500 2017年カラーリング
#37 KeePer TOM'S LC500 2017年カラーリング
#37 KeePer TOM'S LC500 2017年カラーリング

 2017年のスーパーGTに参戦するLEXUS TEAM KeePer TOM'Sのマシンカラーリングが公開された。

 今季の#37 KeePer TOM'S LC500にはレッドブル・ジャパンのサポートがつく。そのため、この日発表されたマシンには、大きく”Red Bull”のロゴが入れられた。

 このマシンをドライブするのは、平川亮とニック・キャシディという非常に若いふたり。特に平川は、日本人のレーシングドライバーとしては初のRed Bullアスリートになっており、パフォーマンス面、そしてPR面でも、注目される存在となりそうだ。このチームを率いるのは、関谷正徳監督である。

 レッドブル・ジャパンはこの日、#37 KeePer TOM'S LC500のカラーリングを動画で公開。昨年の日本GPの際にダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが渋谷の街で走らせた”街道レーサー”や、デコトラなどと共に、真新しいカラーリングが施されたLC500が登場するという。

 平川も”出演”する動画は、下記サイトで視聴することができる。

 →レッドブルジャパン公式サイト

 レッドブルは今年から、スーパーフォーミュラとの関わりも開始。昨年のGP2王者、ピエール・ガスリーが乗るTEAM 無限のマシンが、レッドブルカラーに塗られた。そして今回、時をほぼ同じくして、スーパーGTにも”レッドブルカラー”のマシンが登場。日本のモータースポーツ界に、レッドブル旋風が吹き荒れようとしている。

【関連ニュース】

【スーパーGT】36号車au TOM'S LC500のカラーリング発表

【スーパーGT】前評判高いLC500。開発コンセプトは「リサーチ重視」

【SF】さらに高まるガスリーの評価「バンドーンより上かも」

【スーパーフォーミュラ】ガスリーSF参戦。RBRカラーのTEAM無限に加入

【MotoGP】KTM、シーズンを戦うレッドブルカラーのRC16を正式発表

【ギャラリー】LEXUS TEAM KeePer TOM'Sの2017年カラーリング

次の スーパーGT ニュース
【スーパーGT】ZENT CERUMOが体制発表。暫定カラーリングも公開

前の記事

【スーパーGT】ZENT CERUMOが体制発表。暫定カラーリングも公開

次の記事

【スーパーGT】富士テストはパドックフリー。マシンが間近に!

【スーパーGT】富士テストはパドックフリー。マシンが間近に!
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント #37 KeePer TOM'S LC500 2017年カラーリング
ドライバー 平川 亮 , ニック キャシディ
チーム TOM'S
記事タイプ 速報ニュース