今季初ポールポジション獲得の平川亮「予選前はプレッシャーがあった」

第7戦タイの予選、タイトル争いに向けて重要なポールポジションを獲得した平川亮は、予選後にその心境を語った。

 タイ・ブリーラムで行われている2017年のスーパーGT第7戦。GT500クラスで見事ポールポジションを獲得した#37 Keeper TOM’S LC500の平川亮は、残り2戦のチャンピオン争いを考えても、このポールポジションは重要なものだったと語った。

 朝から2度に渡り大雨に見舞われたチャーン・インターナショナル・サーキット。ウエットコンディションで始まった予選の中、#37Keeper TOM’S LC500はニック・キャシディが安定した走りでQ2へ進出。スリックタイヤでのタイムアタック合戦となったQ2では平川がトラフィックに引っかかり、なかなかタイムを出せないラップが続いたが、最後の最後で1分25秒011をマークして今季初のポールポジションを獲得した。

 白熱の予選を振り返った平川だが、チャンピオン獲得のためにも重要な予選だったため、プレッシャーは大きかったという。

「今回の大会から、ハンデウェイトが半分になるというのは分かっていましたし、前回の鈴鹿から1発の速さには自信がありました。残り2戦ということで、ここの予選がすごく重要になるというのは分かっていたので、予選前はプレッシャーがありました」

「アタックでは何度か引っかかりながらも最終ラップにうまく決めることができて、ポールポジションも獲得できたので率直に嬉しいです」

 一方のニック・キャシディはGT500では嬉しい初ポールポジション。先々週のスーパーフォーミュラから続けて2連続のポールポジションを喜んでいた。

「とても嬉しいよ。前回のスーパーフォーミュラでもポールポジションを獲れて、スーパーGTでもポールポジションだから、本当に最高だね。刻々と状況が変わる中での予選で難しかったけど、その中で良いパフォーマンスを出せた」とコメント。

 決勝日も天気が不安定な予報となっているが、平川は自分たちの仕事をきっちりこなし、ランキングトップを行く#23 MOTUL AUTECH GT-Rとのポイント差を縮めたいと語った。

「一番いいところからスタートするので、ニックにスタートをしっかり決めてもらって、後半は僕の仕事をきっちりとして、天気は心配ですけど、しっかりと自分たちのベストを尽くしたいと思います。チャンピオンシップを考えると残り2戦は重要ですし、ポイントをリードしているニスモは下位に沈んでいますけど、レースでは絶対に上位にくると思います。本当なら逆転して最終戦に行ければベストですけど、少しでもニスモとのポイント差を縮めたいです」

 またキャシディも「まずは、レースではしっかりと多くのポイントを稼ぐことが重要。少しでもトップとの差を詰めていきたいね」とコメントした。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.7 タイ/ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース