スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

千代勝正のクラッシュはブレーキトラブルが原因。本人は病院で検査を受け、異常なしと確認

シェア
コメント
千代勝正のクラッシュはブレーキトラブルが原因。本人は病院で検査を受け、異常なしと確認
執筆:
2016/08/07 10:36

スーパーGT第5戦富士の35周目にクラッシュした千代勝正。病院で検査の結果、問題なしと確認されたという。

 スーパーGT第5戦富士決勝。35周目の1コーナーで千代勝正がドライブする#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rが、ハイスピードのままアウト側のウォールに激突した。

 千代は自力でマシンから降りたものの、念のためメディカルセンターに搬送された。チーム関係者によれば、その後精密検査のために病院に移送されたという。そして検査の結果、千代の身体には問題ないことが確認された。

 千代もこの件について、自らのツイッターでメッセージを発信している。

 なお、クラッシュはブレーキトラブルが原因。その詳細は現在確認中ということだ。

 
次の記事
スーパーGT第5戦富士決勝:不運を払拭。12号車インパルが今季初優勝

前の記事

スーパーGT第5戦富士決勝:不運を払拭。12号車インパルが今季初優勝

次の記事

12号車インパル、富士で今季初優勝。安田「壊れたりしないかな……と思っていた

12号車インパル、富士で今季初優勝。安田「壊れたりしないかな……と思っていた
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 富士Ⅱ
ロケーション 富士スピードウェイ
執筆者 田中 健一