国内GT3マシンメーカー、ホンダ・トヨタ・日産も鈴鹿10hを"後押し"

今年で幕を降ろす鈴鹿1000km。来年からは鈴鹿10時間耐久が始まるが、GT3マシンを製造している日本の3メーカーも後押しを約束した。

 今年で幕を降ろす鈴鹿1000kmに代わり、来年から新しく夏の耐久レースとしてスタートする鈴鹿10時間耐久。これに、GT3マシンを製造している日本の3メーカーも後押しを約束した

 25日(金)、鈴鹿サーキットで来年から新たに始まる「第47サマーエンデュランス『鈴鹿10時間耐久レース』」の記者会見が開催され、メディア関係者のみならず、ホンダ・トヨタ・日産など各メーカー、チームの代表者が会場に集まった。

 世界中のGT3マシンやGT300、ST-X規格のマシンが集い、世界統一戦としてフルグリッド、50台での耐久レースが目指されていることは既報の通りだ。今回の会見ではGT500クラスに参戦、GT3マシンのマニュファクチャラーでもある国内メーカー、ホンダ・トヨタ・日産の代表者3名によるトークショーが行われた。

 今回の鈴鹿1000kmで、NSX GT3が国内初お披露目され、土曜日にはジェンソン・バトンのドライブにより初走行が行われるというホンダ。

 山本雅史モータースポーツ部長は「ホンダとしても、(鈴鹿10hを)盛り上げるように検討はしていきたいと思います」と前向きなコメントをしていた。

「NSX GT3は、IMSAやピレリ・ワールドチャレンジなど、アメリカですでにレースに参加しています。SROのステファン・ラテルCEOのご協力もあり、7月のスパ24時間レースで、NSX GT3の発売を発表することができました。土曜日に走行するクルマは研究所で開発したテストカーで、まだ日本にはレース用のマシンはございません。できればトヨタさん、日産さんとともに、国内の10時間のイベントで皆さんの力になれるように貢献していきたいです」

#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3
スーパーGT第2戦の富士で優勝した#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3

Photo by: Takahiro Masuda

 一方のレクサス(トヨタ)としては、今シーズンからニューモデルのレクサスRC F GT3を投入。スーパーGTでも第2戦富士で優勝を飾った。GRマーケティング部主査の高橋敬三氏は「我々レクサスも、RC F GT3を今年から日米欧でそれぞれ2台、計6台を走らせております」と述べた。

「ただ、ホンダさんと違いまして来年の発売という話になると、当然世界でいろいろなお客様に買ってレースを楽しんでいただきたいと思っておりまして準備は進めておりますが、現時点では発表できる段階にありません。ただ、世界中のRC Fがなるべく多くこの10時間に参戦してくれるように、努力をしていきたいなと思います」

Nissan GT-R NISMO GT3エボルーションモデル
Nissan GT-R NISMO GT3エボルーションモデル

Photo by: Nissan Motorsports

 また、日産はいち早くFIA-GT3マシンの開発に取り組み、GT-R GT3を世に送り出してきた。4月には新型のGT3、”エボルーションモデル”のシェイクダウンを行ったことを発表している。

 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルの代表取締役兼CEOの片桐隆夫氏は、鈴鹿10hに対する興味について「詳細は今日聞いた形になりますので、来年のことはまさにこれからということになります。ですが日産、NISMOとしても元々GT3を大変重要だと思って取り組んでおります。世界のトップチームが集うという、非常にエキサイティングな内容だと思いますので、陣営としましても前向きに検討してまいりたいなと思います」と語った。

「エボルーションモデルも開発の真っ最中でということで、来年から走らせることができればいいなと思って頑張っております

 今回、ジェンソン・バトンが#16 MOTUL MUGEN NSX-GTの一員として、鈴鹿1000kmに参戦する。かねてより日本のレースに興味を持っていたバトンだが、もしかするとバトンの鈴鹿10時間参戦も実現するかもしれない。

「ジェンソンについては元々日本のレース、GT500にはすごく興味がありました。実は今朝会った時に、来年の話を後でしようとは言われました。それが10時間の話かはわかりません。来年も何かのレースにホンダのマシンで出たいとは言っていました。”屋根”がついてるか、ついてないかという話はしていません」と山本部長は述べた。

「できれば今のGT500のドライバーだとか、”ドリームチーム”を作って世界に負けないようにやりたいなとは思います」

 一方で、トヨタの高橋主査は「10時間耐久はすごく勉強になるので、若手に経験を積ませるのも一つの手だと思うので、いろいろな可能性があります」とコメント。

 片桐CEOは「具体的にはこれからですけど、GT3をずっとやってきましたし、これからも力を入れていこうとしていますので、そういった意味で非常に面白いレースだなと思います。GT3そのものは、ワークスというよりもカスタマーレーシングの頂点みたいなものだと思うので、カスタマーに使っていただけるように競争力を高めていって、カスタマーチームの皆さんが夢のようなレースで活躍してくれればいいですね」と語るなど、今の段階でその捉え方はメーカーで様々。

 これから、鈴鹿10時間耐久レースがどのような形になっていくのかはまだわからないが、どういう形であれ、そこに国内メーカーの存在があるのは確かなようだ。

【関連ニュース】

世界中から50台参戦目指す鈴鹿10h。タイヤはピレリワンメイクに決定

鈴鹿1000km練習走行:#100 RAYBRIG NSX-GTが首位

ジェンソン・バトン、来季のスーパーGTフル参戦に前向き?

スーパーGT第2戦富士決勝GT300:51号車戦略バッチリ、大逆転優勝!

ニスモ、GT-Rの新型GT3”エボルーションモデル”をシェイクダウン

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース