埼玉トヨペット、2018年も番場琢/脇阪薫一コンビでGT300参戦

埼玉トヨペットGreenBraveは、東京オートサロンの会場で2018年のスーパーGT参戦体制を発表した。

 埼玉トヨペットGreenBraveは、東京オートサロンの会場で2018年の体制を発表。参戦2年目となるスーパーGTはGT300クラスで引き続きマークX MCを使用し、番場琢と脇阪薫一のコンビでフル参戦する。

 昨年、この東京オートサロンでGT300クラス参戦を発表した埼玉トヨペットGreenBrave。マザーシャシーでは3車種目となるマークX MCで参戦を開始したが、マシンもチームも1年目ということもあり苦戦し、第6戦鈴鹿の12位が最高位でポイント獲得はならなかった。

 今シーズンも体制は変わらず番場と脇阪のコンビを継続させ、マシンも同じマークX MCを使用。発表会の中で新カラーリングもお披露目され、昨年とは異なる少し明るめのグリーンのデザインに仕上がっていた。

 さらに発表会には両ドライバーも登場した。番場は「このチームからスーパーGTに2年連続で参戦させていただくことになり、本当に感謝しています。昨年、この地(オートサロンでの体制発表)で表彰台を目標に頑張ると話しましたが、ポイントすら獲得できない1年で、山あり谷ありの本当に悔しいシーズンを過ごしました。今年は絶対にポイントを獲得して、表彰台という目標は変えずに1年間戦っていきたいと思います」とコメントした。

 脇阪は「このような競争が激しいレース界において、他のチームでは入れ替わりが多いところもありますが、こうして継続して戦わせていただくというのは、僕らにとっては強さになると思います。多少の変化も求めつつ、継続を力に変えて戦っていきたいと思います。一生懸命1戦1戦頑張っていきます」と抱負を語った。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース