新田守男「予選、決勝と厳しかった。最終戦はなんとか上位に」

50号車Ferrari 488 GT3の新田守男は、予選も決勝も厳しいレースだったが、最終戦は上位に進出したいと語った。【INGING MOTORSPORT SUPER GT Rd,7 タイ #50 決勝レポート】

2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット レースレポート
◆ 10月8 日(日)<決勝> 天候:曇り | コース状況:ウェット/ドライ
#50  Ferrari 488 GT3  17位

タイ・ブリラムにあるチャン・インターナショナル・サーキットでSUPER GT 第7戦「Chang SUPER GT RACE」の決勝が開催された。
22番手スタートとなったFerrari 488 GT3は、ウエットコンディションとなった序盤に順位を上げ、ドライでのロングスティントで順位をキープし17位でフィニッシュ。

 10月7日(土)におこなわれた予選Q1では、直前に降ったスコールによってウエットコンディションになり、選択したレインタイヤのパフォーマンスを発揮させられず22番手となったFerrari 488 GT3。
 迎えた8日(日)の決勝日は、12時55分から20分間に渡って行なわれたサーキットサファリが走り始めとなった。20分間の間に都筑晶裕と新田守男の両ドライバーがマシンの状況をチェック。サーキットサファリの直後に設けられた20分間のウォームアップ走行では都筑がマシンの最終調整、ピットシミュレーションを行なった。

 サーキットは朝からウォームアップ走行まで晴れ渡っていたのだが、13時45分からスタート進行が始まると、サーキットの周りは雨雲に覆われる。14時半を過ぎると、やはり雨が降り始め一瞬のうちにコースはウエットコンディションとなった。スタート前に雨は小ぶりになったため、各チームは一層タイヤ選択に悩まされることになる。

 Ferrari 488 GT3のスタートドライバーを務めたのは都筑で、タイヤはレインを選択した。66周の決勝レースは、予定通りの15時にスタート。2周のセーフティカーランの後に39台のバトルが繰り広げられた。コースはウエットコンディションだったが、ギャンブルでスリックタイヤを履いたマシンもいたため、都筑は4周目にはすでに5台をパスして17番手まで浮上。その後、10周目には自身のベストタイムをマークし、さらに上位を追い上げようとする。だが、徐々に路面が乾き始めると、都筑はタイヤマネージメントしながら走ることを強いられた。それでも15周目にはポジションを13番手まで上げる。そして、ドライバー交代が可能となる18周目にピットインを行ない、新田に交代。加えてタイヤをスリックに変更し、給油も行なった。

 Ferrari 488 GT3に乗り込んだ新田は、22番手でコースに戻り上位を目指して走行していく。スリックタイヤを履いてコースに出たものの、想定ほどのラップタイムがマークできず、ポジションを上げることができない。30周を過ぎるとようやく1分35秒台で連続周回を行なえるようになったが、ライバル勢も同等のタイムで走っているためパスするには至らない。それでも粘り強い走行で、43周目には20番手、46周目には19番手まで順位を上げる。最終周となった60周目には、レース中のベストラップとなる1分35秒242をマークするが、17番手まで浮上するのが精一杯で、そのままチェッカーを受けた。 

 17位で完走は果たしたものの、目標だった入賞は果たせなかったFerrari 488 GT3。それでも最後まであきらめずに攻めたデータを生かし、チームは最終戦の茂木で上位進出を狙う。

●コメント
<伊藤宗治監督>
「今回は予選から苦しい展開となってしまいました。予選Q1の前にウエットになり、選択したタイヤとのマッチングが良くなかったので、Ferrari 488 GT3のパフォーマンスを発揮できずに22番手となってしまいました。決勝レースも直前に雨が降ってきて、タイヤ選択が難しかったです。レインタイヤでスタートして路面がドライになったため、最短のタイミングとなる18周目にピットインし、後半のロングスティントを新田選手に託しました。しかし思ったほどペースが上がらず、17位となりました。全体的にパフォーマンスを引き出せないレースでしたが、最終戦に向けて無事に無傷でレースを終えられて良かったです」

<都筑晶裕選手>
「決勝レース前に雨が降ってきてレインかスリックか迷ったのですが、レインタイヤを選択してのスタートとなりました。スタート直後は、スリックを履いていたマシンと混走という難しい状況の中でしたが、順位を上げることができました。その後10周目くらいからは路面が乾き始め、予想以上にレインタイヤが悲鳴を上げ、タイヤを労りながら走行することに切り替えるという我慢の走行でした。そして、ドライバー交換が可能となる18周目で、新田選手にドライバーチェンジし、なんとかバトンは渡せたものの17位フィニッシュとなり、満足できる結果とはいえませんでした。次戦はいよいよ最終戦、応援してもらっている関係者のためにもいい結果で恩返しが出来るよう頑張ります」

<新田守男選手>
「予選、決勝を通して厳しいレースとなってしまいました。予選は、装着したレインタイヤと状況が噛み合わず22番手。決勝レースは、路面コンディションの変化で都筑選手が早めにピットインしたので、40周以上を走りました。燃料が軽い状況でも重い状況でもラップタイムがそれほど変わらず、タイヤも終盤まで持ってくれたのですが、全体的なラップタイムがライバルに対して劣っていました。Ferrari 488 GT3は、ストレートの最後でトップスピードが伸びるのですが、それまでの加速感が鈍くコース上で追い抜くことが難しかったです。コースレイアウト的にも苦手でした。残すところ、今シーズンは最終戦のみなので、なんとか上位に進出したいと思っています」

【INGING MOTORSPORT SUPER GT Rd,7 タイ #50 決勝レポート/プレスリリース】

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.7 タイ/ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー 都築 晶裕 , 新田 守男
記事タイプ プレスリリース