日産、今季体制発表会を開催。「力強い戦いをお見せする」とニスモCEO

日産/ニスモは「2018年モータースポーツ活動計画」発表会を開催し、報道陣やファンの前で改めて2018年の体制発表を行った。

 2月24日(土)、日産/ニスモは「2018年モータースポーツ活動計画」発表会を開催し、報道陣やファンの前で改めて2018年の体制発表を行った。

日産GT-R NISMO GT500
日産GT-R NISMO GT500

Photo by: Tomohiro Yoshita

  日産/ニスモはすでに2018年スーパーGTの体制を明らかにしており、すでに昨年末と今月上旬にセパン・インターナショナルサーキット、さらに今週も岡山国際サーキットなどでシーズン前のテストを始めているが、今回はステージ上に注目の2018年型の日産GT-R NISMO GT500の実車が展示。フェンダー部分のエアロパーツの形状が昨年バージョンと比べると、大きく変更されていた。

 ニスモの片桐隆夫CEOは、今回の発表に際し次のように説明。まずは今年12月から始まるフォーミュラEについて、このように語った。

「ニスモはすでに今年の体制発表を行っておりますが、本日は直接みなさまにお話しさせていただく機会も設けました」

「まず日産/ニスモは2017年10月(東京モーターショーにて)フォーミュラEシーズン5に参戦発表を行いました。フォーミュラEは現在注目されているシリーズであり、世界で最も売れている量産型電気自動車である日産リーフに投入されているインテリジェント・モビリティ技術を試す絶好の機会であります。また我々が持つモータースポーツの経験をフォーミュラEのストリートレースでフルに活用したいと思います。なお、来月のジュネーブ・モーターショーで車両を明らかにし、後半にチーム体制を発表する予定です」

 注目のスーパーGTに関しては、昨年前半の苦戦を克服するべく、様々な部分を見直すことに。主な体制について、次のように語った。

「スーパーGTに関して点で見直しを行いました。昨年のシーズン前半は戦闘力不足に悩まされましたが、全社をあげて改善を行い、窮地をしのぎました。そして最終戦もてぎでは23号車がポール・トゥ・ウインを飾り、2018年の方向性を確認することができました。現在、国内海外で準備を行っているところであります」

「スーパーGT500クラスのチーム体制ですが23号車は"ベストな体制"であると考え、昨年に引き続き鈴木豊監督を筆頭に、最強の組み合わせである松田次生とロニー・クインタレッリが担当します。さらに昨年はGT300クラスに参戦していたB-MAXが今年GT500クラスにステップアップしますが、参戦初年度からチャンピオン争いに絡んでくれることを期待します。ドライバーは本山哲と千代勝正が担当します。12号車は成長が著しい佐々木大樹、ヤン・マーデンボローが搭乗します。チーム運営を行うカルソニック・カンセイは創立30周年を迎えますので、力強いレースを見せてくれると思います。24号車はF3で活躍の高星明誠とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが担当します。このような個性豊かなチームをまとめるのは、昨年に引き続き日産系総監督の田中利和が務めます」

「さらに今年はカスタマーレーシングプログラムとして以前より開発を重ねてまいりました日産GT-R NISMO GT3 エボルーションモデルを供給を開始します。GT300クラスに参戦するゲイナーは2台、10号車が星野一樹と吉田広樹を起用し、11号車は平中克幸と安田裕信が担当します」

「力強いレースをお見せしつつ、引き続き車の運転の楽しさを伝える活動を行なってまいります。今年もご期待ださい」

 その後、スーパーGT500クラスに参戦するドライバーと日産系チーム総監督である田中利和氏が登壇した。例年行われるこのイベントでは、これまでドライバーと監督はそれぞれのチームのユニフォームを身に纏っていた。しかし今年は全員白いYシャツ姿で登壇。そこからも、全4チーム一体となってタイトルを奪還しようという、ニスモ陣営の今季への思入れが感じられた。

 田中総監督は今年の豊富について次のように語った。

「またこの時期になったなぁと思っています。特に昨年は前半戦が大変厳しい戦いとなりました。最終戦は23号車が他メーカーにアドバンテージを作ってポール・トゥ・ウインという形でレースで終えることができました。昨年から進めてきているマシンの改良、一歩でも二歩でも先にという気持ちで仕事をするニスモの開発陣、そして競争力があり、個性豊かな4チームを転がして、全チームにとるチャンピオン争いを今年は実現したいと思います。オリンピックのパシュートのように4チームでチャンピオンを決めたいという思いです。今年も応援をよろしくお願いいたします」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース