無念のリタイア61号車山内「次は不利な部分も挽回して、最善を尽くす」

4番手走行中に無念のリタイアを喫した61号車の山内は、最終戦はマシンの良さを引き出して最善を尽くすと語った。【SUBARU/STI プレスリリース】

2017.10.09 - SUPER GT第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット・決勝
SUBARU BRZ GT300、マシントラブルで無念のリタイア

10月8日(日)、SUPER GT第7戦「Chang Super GT RACE」の決勝レースが行なわれ、SUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は5番グリッドからスタート、途中順位を4番手にまで上げるも、駆動系トラブルによってリタイアを喫しました。

レース中盤、突然起きたトラブル

 サーキットは雨の予選から一転、朝から快晴に恵まれました。SUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)はサーキットサファリ、ウォームアップ走行とドライセッティングでの走行プログラムを順調に消化、決勝レースへの準備を着々と整えていきました。しかしレーススタートの30分ほど前、グリッドウォークの時間帯に突然スコールが降り注ぎます。雨はすぐに上がったものの、路面は完全なウェットコンディションに。変化する状況に対応しなければならない難しいレースとなることが予想されました。スリックタイヤでのスタートを選択するチームもいましたが、SUBARU BRZ GT300は路面状態と雨雲の様子を勘案し、ウェットタイヤを選択してレースをスタートしました。

 決勝はセーフティカー先導でのスタート。ステアリングを握った山内はタイミングを合わせ、集団のなかで絶好のポジションを守ります。また、背後のグリッドにつけていたライバルがスリックタイヤを選択したこともあり、前を追うことに集中できる条件が整いました。山内は早々に順位をひとつ上げ、4番手を走行。途中ドライタイヤへの交換と給油を行ったため一時順位を落としますが、そこから山内は猛追を開始します。しかし、そこでマシントラブルが発生。山内はマシンへのダメージを最小限にすべく、コースサイドにマシンをストップさせました。

原因を突き止め、最終戦でさらなる速さを

 スターティングドライバーを務めた山内は、悔しい結果となったレースを振り返り、次のように状況を説明します。
「雨が降ってコンディションが変わるなか、ベストを尽くすことはできたと思います。スタートでギャップを作ることもできましたし、スリックタイヤに交換してからもラップタイムは悪くありませんでした。どこまで巻き返せたのかは、フィニッシュしないと分からないので、チェッカーは受けたかったですね。突然異常を感じて、クルマのダメージを大きくしないために大事をとって止めました」
最終戦のツインリンクもてぎに向けては、「マシンのコーナリングの良さ、ブレーキの良さを引き出すことができれば、不利と言われている部分も挽回できるはずなので、最善を尽くして努力していきたいと思います。今シーズンは1回も勝てていませんし、応援してくれている方々に“またか”と思われるのも辛いですから」と、気持ちを切り替え力強くコメントしています。

 今回はマシンに乗ることがかなわなかった井口は、「スタートからいい流れだったと思います。スリックタイヤに替えるタイミングはもう少し早くてもいいかなという気はしましたが、いいポジションで走れていたので残念です。次戦は勝ちを狙いにいかなければならないので、その状態を作り出せるよう、チーム含め僕たちドライバーも頑張らないといけないなと思います」とレースを振り返りコメント。次戦での雪辱に期待がかかります。

「リタイアはしましたが、スリックタイヤに替えてからは安定していました。ほぼトップと変わらないペースで走れていましたが……」とレースを振り返るのはチーム総監督の辰己英治です。 「スタート直前に雨が降りましたが、ショートスティントでの2ピット作戦を採りました。ペースも安定していましたが、ウェットタイヤがもう少しもってくれれば、というのが反省点ですね。マシントラブルの原因をしっかりと突き止めて、ツインリンクもてぎに臨みます。今回クルマには思い切った変更をしましたが、さらなる進化版を考えて臨みます」

 次戦は、11月11日(土)と12日(日)に行なわれる第8戦「MOTEGI GT GRAND FINAL」です。いよいよシリーズ最終戦。すべての車両のウェイトハンデがなくなるため、接戦が予想されます。2017年シーズン有終の美を飾るべく奮闘するSUBARU BRZ GT300への熱いご声援をよろしくお願いいたします。

【SUBARU/STI プレスリリース】

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.7 タイ/ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ プレスリリース