第7戦タイ予選速報:#37 KeePer TOM’S LC500が貴重なポール獲得!

第7戦タイの予選が行われ、GT500クラスは#37 KeePer TOM’S LC500、GT300クラスは#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSがポールポジションを獲得した。

 スーパーGT第7戦タイの予選がチャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、僅差の争いを制した#37 KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)がポールポジション。GT300クラスは#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(リチャード・ライアン/柳田真孝)が大差でポールを獲得した。

 予選開始前にサーキットはスコールに見舞われ、コース上はダンプ状態。ところどころに川が流れるような難しいコンディションでスタートした。セッションを通じて雨がぱらつく気まぐれな空に、各チームが翻弄された。

 GT300クラスでは、Q1で#25 VivaC 86 MCが敗退するというまさかの大苦戦。Q2でセッション終盤に#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSの柳田真孝が他を1秒引以上き離すタイムを叩き出し、ポールポジション獲得となった。

 ランキング2位の#4 グッドスマイル 初音ミク AMGは4番手、ポイントリーダーの#65 LEON CVSTOS AMGは9番手だった。

  GT500クラスのQ1ではコンディションがめまぐるしく変わる中、ポイントリーダーの#23 MOTUL AUTECH GT-Rや#36 au TOM’S LC500などが姿を消した。

 各車がスリックタイヤでピットアウトしたGT500のQ2では、#12 カルソニック IMPUL GT-Rのヤン・マーデンボローと#37 KeePer TOM’S LC500の平川亮が最後までタイムを削り続けたが、軍配は平川に上がりランキング2位の#37 KeePer TOM’S LC500が大きな意味を持つポールポジション獲得となった。

 #12 カルソニック IMPUL GT-Rは惜しくも2番手。3番手には#17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大がつけた。

 詳細は追って公開する。 

 →【リザルト】スーパーGT第7戦タイ:予選結果

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
イベント名 Rd.7 タイ/ブリーラム
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース