2018SGT岡山公式テスト開幕、セッション1はKEIHIN NSX-GTが首位

2018年スーパーGTの第1回公式テストが岡山国際サーキットで開幕。初日のセッション1はKEIHIN NSX-GTがトップタイムとなった。

 2018年のスーパーGT第1回公式テストが3月17日、岡山国際サーキットで開幕。今年初めて参戦マシン全車が揃った中でテストが行われた。最初のセッションのGT500クラスは#17 KEIHIN NSX-GTが最速タイムをマーク。GT300クラスは#55 ARTA BMW M6 GT3がトップタイムを記録した。

 朝から雲ひとつない青空が広がったものの、気温6度と冷え込んだ中でセッションがスタート。今季スーパーGTを戦うマシンたちが続々とコースインした。こうして40台以上のGTマシンが集結するのは今年初めての機会ということで、サーキットには熱心なファンが多数詰めかけ、シーズン前から熱気に満ち溢れている。

 GT500クラスでまずトップタイムを記録したのが、#100 RAYBRIG NSX-GT。今季からフル参戦することで注目を集めているジェンソン・バトンが序盤から積極的に周回を重ね、開始30分を迎えるところで1分19秒207をマークし、この時点でのトップタイムとなった。

 また開始25分のところで#24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rがアトウッドコーナーでトラブルのためかマシンがストップ。公式テスト最初の赤旗中断となった。マシンが回収され、セッションが再開されると、他のホンダNSX-GT勢も続々とタイムを更新。#17 KEIHIN NSX-GTが1分18秒654でトップタイムを更新し、#8 ARTA NSX-GTも1分18秒972で2番手に食い込み、開始1時間のところでホンダNSX-GT勢がトップ3を独占した。

 開始1時間10分を経過したところで、#31 TOYOTA PRIUS apr GTが最終コーナーでコースオフ。グラベル上でマシンを止めてしまい2度目の赤旗中断となった。なお、この中断直前に#19 WedsSport ADVAN LC500が1分18秒676でトップに躍り出た。

 さらに開始から1時間30分後、#48 植毛GT-Rガバックストレートでクラッシュ。3度目の赤旗中断となった。クラッシュ時のインパクトが大きかったため、念のためFROが出動しドライバーを安全に救出。約15分間にわたってセッションが中断されたことにより、セッション1は10分延長され12時00分にチェッカーフラッグが出されることになった。

 11時32分にセッションが再開されると、各車が再びコースインし積極的に周回を重ねていく。残り20分のところで#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大)が1分18秒472をマークし再びトップに浮上。この他は目立ったタイム更新なくセッションが終了した。

 上位陣の順位はトップが#17 KEIHIN NSX-GT、2番手に#19 WedsSport ADVAN LC500、3番手に#8 ARTA NSX-GT、4番手に#39 DENSO KOBELCO SARD LC500、5番手に#100 RAYBRIG NSX-GT、6番手に#36 au TOM’S LC500となり、ホンダとレクサスが交互につけるという結果に。昨年のGT500チャンピオンである#1 Keeper TOM’S LC500は7番手となった。日産勢は#23 MOTUL AUTECH GT-Rの10番手が陣営最高位で、今週末最初のセッションを終えている。

 GT300クラスは、#55 ARTA BMW M6 GT3が序盤に記録した1分26秒022でトップ。2番手に#2 新ティアム・アップル・ロータス、3番手には#21 Hitotsuyama Audi R8 LMSという上位の結果になった。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース